珈琲(コーヒー)で口が臭くなる?臭い原因は?〜口臭の対策〜

食後やホッと一息つきたい時、多くの人が愛飲しているものと言えばコーヒーですね。

ですが、実はそんなコーヒーで口が臭くなるという噂があるのです。

では、臭い原因は一体何なのか、そんな口臭に対策するためにはどうすれば良いのか・・・

気になるポイントを紹介していきます。

【スポンサードリンク】

コーヒーで口が臭くなるって本当!?

コーヒーと言うと、一般的には「ニオイを抑えるもの」という印象がありますね。

例えばコーヒーかすを靴箱なんかに入れておくと、消臭効果を発揮してくれたりします。

そんなコーヒーで口が臭くなってしまうというのは、信じがたい方もいらっしゃるでしょう。

ですが、実はコーヒーに含まれるカフェインは、舌に張り付いて嫌な臭いを発生してしまうことが分かっているのです。

また、カフェインは利尿作用を持っています。

この利尿作用により、体の中の水分が排泄されると、唾液の分泌が低下することで口の中が乾燥しやすくなります。

乾燥した口の中では、細菌が増えやすく、これが臭いの原因になってしまうこともあるのです。

カフェインを含む飲み物は多数ありますが、中でもコーヒーには、多量のカフェインが含まれています。

これが、口臭を発生させる原因になってしまうのですね。

コーヒーで臭い原因は他にも!

【スポンサードリンク】

コーヒーで口が臭い原因は、カフェインだけではありません。

例えば、苦みのあるコーヒーが苦手で、砂糖やミルクをたっぷり入れてしまう人もいます。

これらも舌の表面に張り付きやすく、これが分解されることで口臭を引き起こす原因になるのです。

さらに、コーヒーには酸味があり、これは口の中のpH値を低下させます。

すると口の内部が酸化することで、臭い口臭を発しやすくしてしまうのです。

それから、コーヒーには独特の渋みも持ち合わせています。

この渋みは、唾液分泌を抑制する作用があることも分かっています。

このように、一見、シャキッとしたお目覚めやリラックス効果など、様々な効果をもたらしてくれる嬉しい飲み物に思えるコーヒーには、実は口臭面ではデメリットと言える点が多数あるのです。

コーヒーを飲みながら口臭対策

では、口臭が気になる方はコーヒーを禁止すべきなのでしょうか?

そうは言っても、これは嗜好品の1つですので、ストレス解消のために上手に活用すれば嬉しい効果も期待できます。

完全にやめるのは、ストレスの原因にもなりますね。

そこで、コーヒーを飲みながらも口臭に対策できる方法を紹介しましょう。

まず1つ目に、コーヒーはできるだけブラックで飲むことです。

それから2つ目に、コーヒーを飲んだ後にはウガイをしたり、舌を優しく磨くことを習慣化しましょう。

さらに3つ目に、タバコを吸いながらのコーヒーはやめましょう。

これは最悪の口臭を生み出します。

それから4つ目に、お腹が空いている時やのどが渇いている時は口臭が強くなるので、コーヒーを飲むのは避けましょう。

食後などのタイミングで摂取するようにすれば、安心ですね。

こういったポイントに気を付ければ、口臭を気にせずコーヒータイムを楽しむことは十分に可能なのです。

ちょっとした工夫をしながら、美味しいコーヒーを、心ゆくまで満喫しましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ