結婚式のマナー教えて!!パンプス、ヒールの高さや太さはどのくらい?

暑すぎる夏が少し涼しくなってくると再び増える、結婚式。

若い歳で結婚する方もだんだん増えてきました。

でも、結婚式のマナーなんてどこでも教えてくれませんよね??

誰も教えてくれない、学校でも習わない結婚式のマナー、ご存知ですか??

どんな服装が正しいのか、パンプスやヒールの高さや太さはどれぐらいなのか、

結婚式のマナーって、難しいですよね。

そこで、結婚式に関する履物のマナーや合わせる服装について調べました!

是非、結婚式に出席する際のパンプスやヒール選びの参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

結婚式の服装に悩む!!

結婚式と聞くと、まず最初に浮かぶのは着る洋服ですよね。

ドレス?スーツ?どうすればいいかわからない!

目立つものはダメ、地味なのもダメ、とても難しい結婚式の服装。

何を基準に決めればいいのかをおさえると、楽~に服装を決める事ができるんです!

まだ結婚式に出席したことがない方、必見です。

白色のドレス、スーツはNG!!

結婚式において白色は花嫁、花婿の特権です。

花嫁や花婿と並んだ際に白色の服装をしていると、

自分が恥ずかしい思いをするだけでなく、花嫁花婿も恥ずかしい思いをしてしまいます。

また、光や写真の写り具合によって白っぽく見えてしまう服装もNGです。

黒色のドレス、スーツはNG!!

黒色はどうしてもお葬式など、結婚式の華やかなイメージとは真逆の事を連想しがちです。

おめでたい場面においては黒色は避けるべきでしょう。

しかし、黒っぽいものは着回しがしやすい!という声も多く、

黒っぽい色を選ぶ時は光沢や装飾を重要視しましょう。

というアドバイスも多く見られます。

どうしても黒っぽい色がいい!という方は

派手すぎず、暗くならない程度の黒っぽい色を選ぶようにしましょう。

豪華に見えるけど、ファーはNG!!

ドレスと言えば!と人気なのがファーのふわふわボレロ。

薄着の際や冬場のドレスには定番のアイテムですが、結婚式ではNGです。

ファーは動物の毛を使用して作られており、「殺傷」をイメージさせてしまうためNGとされています。

近年合成の毛で作られているフェイクファーが多くなっていますが、誤解を避けるためにもファーの着用は避けましょう。

しかし、近年ドレス+ファーボレロの組み合わせがあまりにも多く、

だんだんと結婚式にファーはNGという考えが減ってきています。

結婚式場においてもファーNGの記載はありませんので、

お葬式はNG、結婚式ならOKという認識を持っておけばよさそうです。

しかし年配の方の事を考えると避けたいところです。

ミニスカ・肩だしドレスはNG!!

夜になってからの披露宴ではOKですが、結婚式自体には露出度は低めに設定しましょう。

スカートの丈は膝下か膝ぐらい、肩だしのドレスならボレロを羽織るようにしましょう。

年齢層がバラバラな結婚式ですので恥ずかしい思いをしないように気を付けましょう。

着物以外の民族衣装

日本において着物を着る事は大変喜ばれることですが、

着物以外の民族衣装をまとっての出席は避けましょう。

新郎新婦のご家族やその他出席の方々が多く居られる事をマストで考えましょう。

バイカラードレスはNG!!

2色使いのドレスは「わかれる」を連想させ、結婚式にはあまりそぐわないものとされています。

しかし近年トレンドなどで結婚式のドレスにもバイカラードレスが多く選ばれるようになりました。

年齢層によっては気にする方が居ますので、出席する方の客層を見極める必要があります。


いかがでしたか??

ドレス選びの参考になれば幸いです。

女はドレス!男はスーツ!と決まっているわけではありませんので

女性でもスーツで出席することは可能です。

その際はインナーシャツや髪形、スーツの色合いに気を配るようにしましょう。

【スポンサードリンク】

結婚式でのパンプス、ヒールのマナーとは??

結婚式に出席した経験のある女性を対象に行ったアンケートで、

8割以上の女性がつま先の隠れるパンプスやヒールを履くという結果がでています。

しかし、きっちりどのようなものが良いのかってなかなか難しいですよね。

結婚式ではく履物に関しても、やってはいけないものを挙げてみました。

露出・ブーツはNG!!

服装と同じく、履物に関しても結婚式においては露出はよろしくないとされています。

脚の甲や指先が見えるヒールやパンプスは露出度が高いうえにカジュアルに見えがちです。

サンダルのような形状のものは避けるようにしましょう。

ノーヒール・高すぎるものはNG!!

ノーヒールは先ほどと同じくカジュアルに見られがち。

しかし逆に高すぎるのもNGです。

高くなりすぎると背丈含めて目立ちやすく、更には足元が安定しないために

事故や怪我の危険が伴います。

せっかくの結婚式で怪我をされてしまってはお祝いモードも台無しです。

近年15cmヒール程ならあたりまえになってきていますのでやりすぎない飾りすぎない手度なら構わないでしょう。

パンプスの太いものはNG!!

やはり太いパンプスは同じくカジュアルに見えがち。

細いヒールだとエレガントになりますので

結婚式という場面では細いものが適切でしょう。

ストッキングはマストアイテム!!

露出を避けるという名目もありますが、

やはり服装やヒール、パンプスに合わせて綺麗な脚を演出しましょう。

細かいラメの入っているストッキングなどで足元を華やかにしてもいいかもしれませんね。

結婚式での服装のマナーまとめ

結婚式は新郎新婦を中心に様々な年齢層の方が出席するため、

どの年齢の方にも印象のいい服装を心掛けましょう。

真っ黒になってしまったり上着やドレスが白で新郎新婦と被ってしまうのを避け、

カジュアルではなくエレガントさを演出するために細くて3cm以上のヒールのある靴を選びましょう。

ドレスはいいのに足元がダメ・・・なんてことにならないようにしましょう。

更に結婚式に出席した際に周りの服装や履物に注目し、

今後の参考にしてみたりするのも、いいかもしれません。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ