なぜ、あくびで涙、鼻水が出るの?その理由と原因は?止める方法も徹底解説!!

お昼下がりお腹もいっぱいで少し眠気が・・・

思わずあくびが出てしまった!なんて経験ありませんか?

ドラマや映画などで相手に涙の言い訳をするシーン

「あくびが出たんだよ」

なんて鼻をすすりながらの台詞、聞いたことありますよね。

でも、なぜあくびで涙や鼻水が出るのか。

不思議じゃありませんか??

そこでここではあくびをした際に出る涙と鼻水について

徹底的に調べました。

【スポンサードリンク】

そもそも涙とは?

原因究明の為にも、まずは涙のことを知りましょう。

えーんと泣いた時に出で来るものでしょ?

と思っている方いませんか?

涙は大事な役割をたくさん持っています。

涙は、瞳を守るために常に流れ続けています。

ほこりやちりなどが目に入ってしまったとき、

即座に涙の量を増やして洗い流す役割を担っています。

更に瞳に酸素まで送ってくれています。

涙は目尻にある涙腺という場所から分泌されています。

まばたきをするたびに少量の涙が常に流れ出ているのです。

では、流れ続けている涙はどこに行くのでしょうか。

答えは鼻です。

鼻水となって今度は鼻の粘膜を守る役割を担います。

大泣きしたとき鼻がズビズビいうのはその為です。

【スポンサードリンク】

あくびによる涙、鼻水のメカニズム

では早速本題。

何故あくびをすると涙が出てくるのでしょう。

泣くと目が腫れるのと一緒で、

あくびをしすぎた時も目が腫れぼったくなるように感じますよね。

口を大きくあけてあくびをするのを堪えたのに、

あくびをした事がバレてしまった!!なんて事も少なくないはず。

あくびをしたときに涙が出るのは、

先ほど軽く説明した涙腺に大きな関係があります。

皆さん、あくびをしたときの顔を鏡で見たことはありますか?

顔全体を引き延ばしてどうしようもない顔をしているかと思われます。

それは、顔全体の筋肉を使っているからなんです。

その際に目尻の涙腺をぎゅっと絞るような形で筋肉が動き、

涙が絞り出されているんです。

では鼻水は??

あくびの際に鼻水まで出てしまう方は少ないですが

共通の傾向があります。

▷鼻炎や風邪で鼻が常に湿っている状態の人

▷涙の量が多い

鼻炎や風邪で鼻が常に湿った状態にある人は、

涙が鼻に流れてきた際に鼻の中に留めておけるキャパシティを

オーバーしてしまったからなんですね。

そして、涙の量が多い人も同様です。

そこで涙が多い人ってどんな人??という疑問。

普段の生活の中でも今日、寝不足だな~って日や

パソコンやテレビ、携帯の使い過ぎで目が疲れた~なんて日

少しいつもより涙が多く出ていると感じたことはありませんか?

一生懸命涙が瞳に酸素を送ってくれている証拠です。

あまりに長期間目が疲れた状態でいると

涙を分泌するスピードが追い付かずに

ドライアイという深刻な状態を引き起こしかねませんので

皆さんしっかり目を休ませてあげてくださいね。

あくびを止める方法!?

ちょっと今は大事な会議中!!

あくびが出そう!!マズイぞ!!

よ~くこんな場面に遭遇する方は睡眠不足を解消してくださいね。

今はマズイ!そんな状況でもおかまいなしにやってくる

あくびを止める方法があるんです。

▷あくびが出そうと感じた時に上唇を舌先で舐めようとする

コツを掴めば前歯の裏側を舐めることでも止まります。

▷深呼吸をする

深呼吸をすることで脳へ酸素が十分に送られ、あくびを防ぐ事ができます。

この2つを実践してみてください。

本来なら必要だからあくびしたくなるので

そのままあくびをしてしまうのが良いのですが

なかなか社会人の方には難題ですよね。

あくびを止め方を知って少し楽になって頂けると幸いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ