静脈瘤の治療、予防法や原因を徹底解説♪妊娠中は危険っ!!ストッキング、食事や足のマッサージで予防できるの?~静脈瘤は食事で治せっ!!~

下肢に起こるトラブルの1つで、注意が必要なものと言えば静脈瘤です。

足の表面にある静脈が拡張してしまうことで、浮き出て見える症状を発症します。

では、この静脈瘤、起こってしまった場合はどう治療するのでしょうか?

そもそもなぜ起こるのか、その原因や、原因に対する予防法はあるのでしょうか?

特に妊娠中は危険と言われる静脈瘤の症状。

その原因や、一般的に行われているストッキング、足マッサージ、食事などの予防の方法について解説していきましょう。

【スポンサードリンク】

静脈瘤の治療や予防法と原因

静脈瘤には2つの原因によるものがあります。

1つは静脈瘤の機能不全によって発症する一次性静脈瘤というものです。

そしてもう1つは、生まれつき静脈が拡張してしまっている先天性のものなど、二次性静脈瘤と言われるものになります。

これらの静脈瘤のうち、特に治療を必要としているのは一次性静脈瘤です。

治療方法としては、主に4つの方法が挙げられます。

・保存的治療・・・弾性ストッキングなどによる進行予防目的の治療

・硬化療法・・・静脈瘤に注射をして固める方法

・手術・・・静脈を切除する方法

・血管内治療・・・高周波やレーザーなどを用いる日帰りで受けられる治療

これらの治療を受けられるのは、主に血管外科という科目になります。

あまり一般的ではない診療科目ですので、近くで見つからない場合には、心臓血管外科などを受診してみましょう。

また、一般の外科や皮膚科でも診察や治療を受けられるケースもあります。

まずはそういった病院で相談し、治療法や予防法について話を聞いてみると良いでしょう。

特に連続して立ち仕事などを続けている方などは、足にかかる負担が原因で下肢静脈瘤が起こりやすくなっています。

予防のために、できるだけこまめに休憩をとったり、夜寝る時には足を高くしておくなどの工夫をすると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

静脈瘤は妊娠中に危険!?

妊娠中には様々なマイナートラブルと言われるトラブルが起こりやすくなります。

そんなトラブルの1つに、下肢静脈瘤があります。

これは、妊娠により黄体ホルモンが増えることが原因で、黄体ホルモンの作用により、静脈の血管壁まで抑制してしまうことにより静脈弁の動きが鈍って発症します。

妊娠中にふくらはぎがよくつったり、下肢にだるさを感じたり、かゆみを感じる場合には注意が必要です。

特に血管が盛り上がって見える時には、静脈瘤が発症している可能性が高いので、医師に相談してみましょう。

静脈瘤を放置してしまうと、炎症を起こし、腫れや熱、痛みを伴うことがあります。

さらに悪化すると、血栓が起こるリスクも高まりますので、早めの対処が必要です。

妊娠中はデリケートな時期ですので、軽視せずにきちんと治療を受けておきたいですね。

静脈瘤にストッキングや食事や足のマッサージは?

静脈瘤の予防や対策の方法として、一般的なのがストッキングによる方法ですね。

この場合に用いられるのは弾性ストッキングと言われるタイプのもので、静脈瘤の予防や対策として役立てることができます。

ただし、使用するのであればウエストまであるストッキングを使うようにしてください。

ひざまでの長さだと、血液を逆流させてしまう危険性があります。

弾性ストッキングはマタニティー用のものなどもありますので、状態に応じて活用してみましょう。

また、靴や靴下については締め付けるようなものは使用せず、ゆったりと履けるサイズの合ったものを使用しましょう。

靴や靴下で締め付けてしまうこともまた、血液の流れを悪くする原因になります。

ヒールの高い靴も負担になるので避けましょう。

次に、食事についても注意すべきポイントがあります。

下肢静脈瘤は、特に鉄分が不足することで起こりやすいと言われています。

妊娠中などは特に鉄分が不足しやすいので、レバーや大豆など、鉄分豊富な食事を心がけましょう。

また、便秘が静脈瘤の原因になるということも分かってきています。

食物繊維や乳酸菌も意識的に取り入れた食事を続けることで、内側からしっかりケアしていきましょう。

次にふくらはぎのマッサージによる対策です。

マッサージをする際には、力を入れずに足先からさするようにします。

血管が浮いた部分を力いっぱいマッサージしてしまうと、血管を傷つける恐れがあるので注意しましょう。

特にお風呂などで血行を良くしてマッサージを行うと、効果的です。

時には温泉などに訪れて、ゆっくり血行を促進してからマッサージをしてみても良いですね。

このような方法により、下肢静脈瘤は予防・対策していくことができます。

気軽に取り組める方法もたくさんありますので、下肢静脈瘤を起こさないためにも、また悪化させないためにも、これらの工夫をしていきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ