ひまし油と重曹でホクロ消し、そばかす、シミ取り♪作り方や割合は?危険なの?効果は?

はじめに

肌の手入れをする中でほくろやしみが消えたらいいのに、と思う方は多いと思います。

ほくろやしみを消す手段としてはレーザー治療などがありますが、レーザー治療はリスクも大きく、失敗例や後遺症で悪化するなどというリスクも伴います。

しかし近年もっと安全で手軽な方法としてカソーダというクリームが紹介されました。

この商品はとても評判になり売り切れが続出、入手困難になっています。

その成分とは何でなぜしみやほくろを消す効果があるのか、調べて行きたいと思います。

【スポンサードリンク】

カソーダの成分

カソーダの成分は2つ、ひまし油と重曹です。

ひまし油とは?

ひまし油はトウゴマの種子から採取する植物油の1種で、薬局やアロマショップなどで売られています。

日本ではこれまで注目されてきませんでしたが、海外では美容や健康に良いということで昔から注目されていました。

ひまし油が店頭販売される際には様々な加工をされたものがありますので、スキンケアに使う目的で購入する際には次のことに注意しましょう。

加香されていない

ひまし油は工業用に使われることもあり、それらは加香されています。

肌に塗る目的では効果的でないので注意しましょう。

オーガニックのもの

製造コストを下げるために土壌改良や化学薬品、農薬などを使用しているものがありますが、それらを使用していない最も自然なものが生命エネルギーが強く効果を期待できます。

コールドプレス製法

植物から油を抽出する方法はいくつかあり、中でもコールドプレスで抽出されたものが油の成分の変質なども起こらず良い品質のものとなっています。

重曹とは?

炭酸水素ナトリウム、別名重炭酸ナトリウムと言い略して重曹です。

ナトリウムの炭酸水素塩であり様々な用途があります。

酒石酸・クエン酸などを加えてベーキングパウダーとして調理に使う、油脂と混ぜて石鹸にする、医薬品や入浴剤としての使い道もある。

スキンケア効果は?

重曹は粒子が細かいので研磨効果があり、毛穴に入り込んで黒ずみや汚れを綺麗に取り除く効果があります。

通常の洗顔料に混ぜるとより効果的です。

ひまし油と重曹を混ぜるとどうなるのか?

上記のような効果のあるひまし油と重曹、この2つを混ぜたカソーダとはどのような効果があるのか。

これをシミやほくろに塗り続けるとかさぶたができ、そのかさぶたが剥がれます。

かさぶたが剥がれるとそこにあったシミやほくろがとれているのです。

なぜそのようなことが起こるのか?

人の肌は弱酸性であり、カソーダはアルカリ性です。

弱酸性にアルカリ性を混ぜることで化学反応が起こり、肌の表皮が溶けて除去されるということです。

ひまし油の肌に優しい効能と重曹の細かく入り込む効果も作用して非常に効果的な結果を得ることができます。

【スポンサードリンク】

カソーダの作り方

ではその作り方を解説します。

まず上記のように品質の良いひまし油と重曹を購入してきます。

そして、ひまし油1:重曹2ぐらいの割合で混ぜ、竹串などでかき混ぜます。

そしてだんだんクリーム状になったら出来上がりです。

非常に簡単なんです。

危険はないのか?

危険、というか注意点はあります。

以下にその例を記載します。

・塗った部位が溶けて剥がれ落ちてしまうので、目的の部位以外に付着しないように気をつける。

・大体3−5日ぐらいで取れますが、途中で強引に剥がそうとしないこと。

強引に引き剥がすことは強い刺激を与えることになり、逆にアザみたいに残ってしまったり、ホクロもがん細胞の出来損ないのようなものなので、刺激を与えることはよくありません。

・カソーダは非常にアルカリ性が強く、肌に合わない人もいるでしょう。

膿が出たり、ひどい荒れ方をした場合はあっていないということですのですぐに使用をやめましょう。

まとめ

以上のように手軽で安く手に入り、しみやほくろを消すことができるひまし油と重曹、それを合成したカソーダです。

使用するリスクは低いですが、使用方の危険などもあり、そこは自己責任ですので気をつけて使用するようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ