ウォーターサーバーの天然水とRO水の違いは?どっちがいいの?赤ちゃんや子供に安全なのはどっち?

口にする物の安全性についての意識が高まる中で、利用者が増えてきているのがウォーターサーバーですよね。

ですが、いざウォーターサーバーを取り入れてみようとすると、「天然水」とか「RO水」なんて聞き慣れない言葉が出てきて、どっちが良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで、この天然水とRO水、どっちがいいのか、また赤ちゃんや子供に安全なのはどちらなのか、気になる点について解説していきましょう。

【スポンサードリンク】

ウォーターサーバーの天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーを選ぶ際に比較していると、必ず出てくる「天然水」「RO水」といった言葉。

では、この2つの水には一体、どんな違いがあるのでしょうか?

まず天然水についてですが、これは特定の水源から採水されている地下水のことを言います。

水道水のような化学的な処理は行われておらず、ろ過や沈殿、加熱殺菌などの処理のみで、不純物を取り除いた水です。

自然の中で何百年という時間をかけてろ過されてきたのが天然水なので、過度の加工をしなくてもキレイな水であり、またミネラルなども豊富に含まれています。

これに対してRO水というのは、「純水」に近い水になります。

採取した水を、0.0001ミクロンというとても細かいフィルターであるRO膜を通すことで徹底的に不純物を取り除いてあります。

そのため清潔で安心ではありますが、採水地の特定は無く、人工的に作りだすことができるというのが大きな特徴です。

つまり安定的に製造できるため、比較的リーズナブルな価格で購入できるのは、このRO水の方です。

天然水とRO水には、このように様々な違いがあります。

ウォーターサーバーの天然水とRO水はどっちがいい?

では、ウォーターサーバーの天然水とRO水は、結局どっちがいいのでしょうか?

まず、どちらの水に関しても言えるのが、それぞれに不純物をしっかり除去してあるため、安全でキレイな水だということです。

また、水道水に含まれると言われる危険な薬品などのリスクも無くなるため、安心して毎日の水分摂取に取りいれることができます。

なら価格が安いRO水の方がお得なのかと言えば、そういうわけではありません。

なぜなら、RO水はRO膜によりミネラルまで取り除かれてしまっているため、決して美味しいとは言えない味になってしまうからです。

そこで、後から人工的にミネラルを添加しているものも多く、「人工的」という言葉に抵抗を感じる方には不向きであると言えます。

これに対して天然水は価格は高いですが、こだわりの水源から採取されたものを、過度に加工することなく使用してあります。

そのため、それぞれの採水地ならではの水の美味しさを楽しむことができるという大きなメリットがあります。

ミネラルも豊富に含まれるため、味わいが美味しいのも魅力です。

清潔でコスパの良いものを求めるならRO水、価格が高くても美味しさやミネラルの効果にこだわりたいなら天然水と、ニーズに合わせて選ぶのが正しい方法と言えるでしょう。

ウォーターサーバーの天然水とRO水のどっちがいいのか、という問題の答えに関しては、水の使用目的やライフスタイルなどによっても変わってきます。

まずはご自身のニーズを把握することが大切ですね。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんや子供に安全なのは?

ウォーターサーバーは、特に赤ちゃんや子供がいる家庭で使用されることが多いですね。

では、赤ちゃんや子供にも安全なのは天然水とRO水、どちらなのでしょうか?

一見、ミネラル豊富な天然水の方が体に良さそうというイメージがあるかもしれません。

ですが、実は赤ちゃんに安心なのはRO水なのです。

なぜなら、赤ちゃんはまだ胃腸の機能が未発達であるため。豊富なミネラルが負担になってしまう恐れがあるからです。

特に硬度が高い天然水は、赤ちゃんには不向きであると言えます。

また、赤ちゃんが飲む母乳やミルクには、すでにたっぷりのミネラルが含まれていますので、無理に水から摂取する必要もないのです。

子供に関しては、高度の低い軟水の天然水であれば大丈夫ですが、やはり硬度の高い天然水は避けた方が良いでしょう。

小さな子供の場合は、よく水分を摂取しますし、これから色々お金もかかってきます。

その点を考慮しても、コスパの良いRO水を選んでおいた方が安心と言えますね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ