MCTオイルとココナッツオイルの違いとは?効果・効能を比較!飲み方は?副作用はあるの?ダイエットに最適♪

オイルが美容や健康に良い、と評判になっていますね。

そんな中でも、特に「質の良いオイル」として注目されているのが、МCTオイルです。

ココナッツオイルも、よく耳にしますが、このМCTオイルとココナッツオイルにはどんな違いがあるのでしょうか?

その効果・効能の違いが気になるところですね。

また、美容や健康に役立てるための飲み方や、不安な副作用などについてもチェックしてみましょう。

ダイエットに最適と言われるこのオイル、ぜひ積極的に取り入れたいですね!

【スポンサードリンク】

МCTオイルとココナッツオイルの違いは?

まず話題のМCTオイルとココナッツオイルには、どんな違いがあるのか解説していきます。

実はМCTオイルとココナッツオイルは、全くの別物、というわけではありません。

ココナッツオイルの一種が、МCTオイルなのです。

ひと口にココナッツオイルといっても、その内容は様々で、中には効果がイマイチなものもあります。

そんなココナッツオイルの中で、最も品質が優れているのがМCTオイルなのです。

МCTオイルとは、中鎖脂肪酸が100%のもののことを言います。

一般的なココナッツオイルの場合、中鎖脂肪酸は60%程度なので、ここに大きな違いがあることが分かりますね。

МCTオイルの効果・効能は?

そもそもココナッツオイルが美容や健康に良いと注目されている理由は、「中鎖脂肪酸」にあります。

そんな中鎖脂肪酸を特に豊富に含んでいるМCTオイルは、ココナッツオイルと比較してみても、特に生活習慣病の予防やダイエットなどに役立ってくれる効果が期待できます。

中鎖脂肪酸は体に蓄積されにくく、摂取後、素早く分解されるという性質を持ちます。

さらに、摂取後すぐにエネルギーとして使用されるため、脂肪を燃焼する効果が期待できることも分かっています。

これらの効果・効能はココナッツオイルとМCTオイルの両方に共通していますが、МCTオイルは特に腸から素早く吸収され、スムーズにケトン体に分解されることが分かっています。

そのため、よりエネルギー源として素早く利用できるので、ダイエットの効率もアップするというわけです。

また、МCTオイルにはダイエット効果以外にも、美肌効果や便秘解消効果、アルツハイマーに対する効能、糖尿病予防といった嬉しい働きもあります。

これらはココナッツオイルと共通した効果・効能ですが、ココナッツオイルよりも少ない摂取量で実感しやすいのが大きな魅力と言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

МCTオイルの飲み方や副作用に対する注意

美容や健康、特にダイエットにおいて高い効果が期待できる、魅力的なМCTオイル。

では、具体的にはどんな飲み方をしていけば良いのか、気になるところですね。

まず、このオイルは溶けにくいため、飲み物に混ぜてもうまく混ざらず、油が浮いてくるようになってしまいます。

これを気にしないのなら、コーヒーなどに混ぜる飲み方で飲んでみると良いでしょう。

また、料理に使用する際には、揚げたり炒めたりといった加熱する調理法には不向きです。

和えもの、サラダなどに使用する方法がおすすめです。

コーヒーが苦手で、料理にも使いにくいと感じるのであれば、サプリなども登場していますので、利用してみると良いでしょう。

味もニオイも気にせず習慣化しやすいサプリは、最も手軽な飲み方ですね。

大変魅力的なМCTオイルではありますが、体質により、下痢や胃のむかつきといった副作用のような症状が起こることもあります。

特に過剰摂取した場合は、このような症状が起こることも多いので、ほどほどに摂取することも大切です。

これらのポイントを押さえて、習慣的に取り入れていけば、ダイエットや美容、健康の維持に、心強い味方となってくれることでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ