サッカーのゴールキーパー!!顎(あご)のしゃくれ率が高い法則~楢崎、曽ヶ端など~

サッカー好きなら思い当たる節のある、奇妙な法則とは

サッカーの試合をみていると、グラウンドの最後方に位置して、チームでも唯一違う色のユニホームを着ているゴールキーパーって

目立ちますよね。シュートがゴールマウスを襲ってくれば、すばやい反応でスーパーセーブ!! そしてカメラにアップで抜かれる

と・・・。 あれ、このゴールキーパー、あごがかなりあご、しゃくれているな。どうしても、あごに目がいくな・・・。そんなこ

とを思った記憶って、ありませんか? ここでは「ゴールキーパー、しゃくれ率高い法則」と打ち出し、その実例を挙げてみたいと

思います!

【スポンサードリンク】

しゃくれキーパー、その1

まず日本で最も有名なしゃくれゴールキーパーと言えば、元日本代表GK楢崎正剛でしょう。奈良育英高から1995年に横浜フ

リューゲルスに入団すると、1999年には名古屋グランパスに移籍し、長年Jリーグを代表するゴールキーパーとして活躍してい

ます。また日本代表としても国際Aマッチ77試合に出場、2002年の日韓ワールドカップで日本初の決勝トーナメント進出に貢

献した実力者です。ゴールキーパーの能力としては決して派手でないのですが、堅実なセービング、キャッチングを武器に抜群の安

定感を誇り、ミスが少ない非常に頼りになるタイプですね。同世代で日本代表でもレギュラーを長く争った川口能活選手とよく比較

されてきましたが、川口選手が感情を前面に押し出してプレーする一方、楢崎選手は常に冷静沈着にチームを最後尾から支える、と

いったスタイルです。長くしゃくれたたあごも力強く印象的で、ゴール前にどんと構える守護神の威圧感アップに一役買っています

ね。

しゃくれキーパー、その2

 
そしてしゃくれ具合では、Jリーグナンバーワン・ゴールキーパーと言っていいのが、鹿島アントラーズの曽ヶ端準選手でしょ

う。1998年に鹿島に入団すると、2000年にはJ1リーグ、ナビスコカップ、天皇杯の3冠達成に貢献し、さらに2007年

からのJ1リーグ3連覇も果たすなど、最もタイトルに恵まれているゴールキーパーのひとりと言えますね。たまにみせる大きなミ

スはたまにキズですが、2016年のクラブワールドカップではビッグセーブを連発し、Jリーグのクラブでは初となる世界2位に

大きく貢献しました。小笠原、本山、中田浩二らと鹿島の黄金期を支えてきた守護神の立派なあごは、チームメートたちにもテレビ

番組時にいじられるなど、サッカーファンの間でも知れ渡っていますね。

 

しゃくれキーパー、その3

またあごのインパクトではトップクラスと言えるのが、広島の林卓人選手ですね。金光大阪高から広島に2001年に加入した林選

手ですが、なかなかレギュラー獲得には至らず、2005年には札幌へ移籍。ここでレギュラーを獲得し、2007年には仙台へレ

ンタル移籍。ここで不動の守護神として地位を築くと、2011年には仙台で東日本大震災を経験しました。しかし2012年に

は、大きな被害を負った東北のシンボルとして快進撃をみせたチームにあって、鬼神のごとき働きをみせてゴールマウスを守り、優

勝こそ逃しましたがチームの最高成績となる2位でシーズンを終えました。また12年2月には日本代表にも初選出され、Jリーグ

を代表するゴールキーパーのひとりとして認知されるようになりましたね。そして14年、ゴールキーパー西川周作が浦和へ移籍し

た広島からオファーを受け、10年ぶりに古巣へ復帰しました。ごつい顔、ごつい体、そしてごついあごで、ゴール前に立ちはだか

るゴールキーパーとして、Jリーグファンの間ではおなじみの存在となっています。

【スポンサードリンク】

本当にしゃくれ率は高いの?

 ではここで、2016年のJ1リーグを例に、各クラブの主なレギュラー級のゴールキーパーを挙げてみます。
 
名古屋 楢崎正剛
 
鹿島  曽ヶ端準
 
広島  林卓人
 
横浜  榎本哲也
 
川崎  チョン・ソンリョン

浦和  西川周作

大宮  塩田仁史
 
湘南  村山智彦
 
FC東京 秋元陽太

神戸  キム・スンギュ
 
ガンバ大阪 東口順昭
 
甲府  河田晃兵
 
柏   中村航輔
 
福岡  イ・ボムヨン
 
磐田  カミンスキー
 
新潟  守田達弥
 
仙台  六反勇次
 
鳥栖  林彰洋

脅威のしゃくれ率

上記した楢崎、曽ヶ端、林、榎本、チョン・ソンリョンの5人は、文句なしのしゃくれです。また第2グループに位置づけた西川、

塩田、村山、秋元の4人は、あごが長いタイプではありませんが、表情や角度によって、しゃくれてみえる「しゃくれ予備軍」です

ね。すると18チーム中、9人のゴールキーパーがしゃくれていることになります。これはかなりの高確率と言えるでしょう。

なぜしゃくれが多いのか、その理由は?

この理由を考察してみました。海外のゴールキーパーをみてみると、決してしゃくれタイプが多いわけではありません。ではなぜJ

リーグのゴールキーパー(韓国人も含まれていますが)だけ、しゃくれタイプが多いのか。ゴールキーパーに必要な能力として、や

はり身長の高さが求められます。プロとしてプレーしているほとんどのゴールキーパーが、180センチ以上です。ここで日本人で

代表的なしゃくれをみてみると・・・アントニオ猪木(190センチ)や、柔道の篠原信一(190センチ)、芸能人なら阿藤快

(183センチ)・・・身長が高い人が多いんですね。ここで可能性として挙げられるのが、日本人(アジア人)は身長が高くなる

と、あごがしゃくれる可能性が高くなる、という考え方です。

しかしこの仮説には大きな穴がありまして・・・野球など他スポーツでは、決して身長が高いからと言って、しゃくれが多い、とい

う怪現象は見受けられなかったんですね。ゴールキーパーという仕事に、なにかあごをしゃくらせる要因が隠されているのか。完全

解明は不可能ですが、今後も注意深く見守っていきたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ