物凄いっ!!甘酒の効能♪妊婦にもおすすめ!風邪・美肌・糖尿病に効果絶大!!~いつから?どのくらい?など飲み方を含めて分かりやすく解説~

美容や健康に良いと評判の食べ物、飲み物はたくさんありますが、中でも甘酒は、「飲む美容液」「飲む点滴」なんて称されるほど、素晴らしい効果・効能が期待できると言われています。

甘酒、なんて聞くと「お酒が飲めないとダメなのでは?」「妊婦は飲んではいけないのでは?」と考えてしまう方もいるでしょう。

ですが、実はそんな甘酒、妊婦にもおすすめで、風邪や美肌、糖尿病などに対して優れた効果が期待できると言われています。

ただし、何も考えずに甘酒を大量に飲めば良いのかと言えば、そういうわけではありません。

そこで、甘酒はいつから、どのくらい飲めば良いのかなど、効果・効能と飲み方を併せて紹介していきます。

【スポンサードリンク】

甘酒の効能☆妊婦にもOK?

甘酒の優れた効能を試してみたいけれど、妊婦はアルコールを飲んではいけないので、甘酒もダメ、と考える方が多いですよね。

ですが、体を温め、風邪予防などにも役立つ甘酒。

妊婦にも嬉しい効果・効能が期待できるものなので、ぜひ飲んでみたいところです。

実は、甘酒は全て妊婦にはダメ、というわけではなく、きちんと選べば妊婦でも取り入れることができます。

甘酒には、酒かすから作られるタイプのアルコールを含むものと、米麹から作られるタイプのアルコールを含まないものがあるのです。

後者の、米麹から作られるタイプであれば、アルコールが含まれないため、妊婦でも飲むことが可能です。

米麹から作られた甘酒は発酵成分が含まれているため、妊婦ならではのお悩みである便秘解消にも役立ちます。

さらに、必須アミノ酸やブドウ糖、ビタミンB群などが豊富に含まれますので、妊婦の栄養補給にもピッタリです。

甘酒の風邪・美肌・糖尿病への嬉しい効果とは?

甘酒は風邪・美肌・糖尿病などに優れた効果が期待できるということで知られています。

まず風邪に対する効果ですが、温かい甘酒を飲めば体が芯から温まるのが感じられます。

さらに甘酒には高い滋養強壮効果が期待でき、免疫力も高めてくれます。

粘膜保護に役立つビタミンB群がたっぷり含まれるので、喉や鼻の粘膜を守り、細菌による影響を受けにくくなるという効果も期待できます。

風邪をひきにくい健やかな体づくりに役立つというわけですね。

さらに甘酒は、美肌効果に大変優れていることが知られています。

甘酒には、コウジ酸と言われる成分が含まれ、これには美白効果やきめを整える効果が期待できます。

また、フェルラ酸やビタミンB2にはお肌のターンオーバーを促進する作用があるため、透明感と潤いに満ちた美肌に導くことができるのです。

しかも甘酒は食物繊維やオリゴ糖が豊富で、腸内環境の改善にも役立ちます。

便秘が解消されることで、肌荒れが改善されるという嬉しい作用も期待できるのですね。

次に糖尿病に対してですが、これは米麹由来の甘酒が嬉しい効能を持っていると言われています。

米麹から作られた甘酒にはブドウ糖が豊富に含まれているので、低血糖に陥った時に回復される際に役立つのです。

ただし、ブドウ糖が豊富ということは、糖尿病の方にとって危険に作用する側面もある、ということを忘れてはいけません。

医師と相談しながら、上手に取り入れることが大切ですね。

【スポンサードリンク】

甘酒の飲み方のコツ

甘酒は大変優れた効果・効能が期待でき、米麹由来のものであれば妊婦でも飲めるほど安全性の高い飲み物です。

ですが、正しい飲み方を守らなければ、逆効果となる恐れもあるので注意が必要ですね。

まず甘酒はいつから飲めるのか、という点に関してですが、アルコールを含まない米麹由来のものであれば、いつからでも大丈夫です。

子供でも飲むことができるので、風邪をひいた時などに飲ませてあげても良いでしょう。

飲むタイミングについてですが、甘酒にはGABAやパントテン酸が含まれ、安眠効果が期待できます。

この効果を最大限に活かすためにも、寝る前の摂取がおすすめですね。

ただし、ダイエット効果が期待できるのは朝の摂取です。

朝からエネルギー代謝を高めることができるので、コーヒーのような感覚で摂取してみると良いでしょう。

それから、どのくらい飲めば良いのかという点に関してですが、これは1日あたりコップ1杯で十分です。

大量に飲めば良いというものではなく、カロリーも高いため、飲み過ぎると太ったり、糖尿病リスクを高めることもあるので注意してください。

コップ1杯をゆっくり味わい、楽しみながら、美容や健康に役立ててみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ