リグナンとは?ポリフェノール?リグナンの効果効能♪乳がんや癌(がん)に効くの?副作用はあるの?

はじめに

リグナンというものを聞いたことがあるでしょうか?

リグナンは植物化合物の1種でポリフェノールとしても知られています。

これは女性の健康に大きな関係があるものです。

リグナンには女性にとって重要なエストロゲンと同じ効果があります。

【スポンサードリンク】

女性に必要なエストロゲン

エストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンの1つで女性の健康にとって大きな関係があります。

子宮の発育、乳腺の発達、女性らしい体つきの形成などを促進してくれます。

<3>エストロゲンの女性の体への効果

エストロゲンの主な効果をまとめてみました。

・卵胞の成熟効果

・子宮の内膜を厚くする

・自律神経や脳の働きを整え、心のストレスも和らげてくれる

・骨の形成を促し、血管収縮を抑制

・基礎体温を下げる

このため妊娠、出産の際には大きな助けとなり、また肌や髪質をよくしてくれるので女性らしさを高めてくれます。

リグナンに含まれる植物性エストロゲン

エストロゲンは本来女性の卵巣から出ているホルモンですが、不思議なことに天然の植物の中にこのエストロゲンと同じ効果を持つ物質があることが発見されました。

この植物性エストロゲンの1つがリグナンと呼ばれ、他にもイソフラボンなどがあります。

癌などのリスクの回避効果

体内のエストロゲンの分泌量は生理や出産後減少し、その影響で脳内神経物質の働きも悪くなるのでうつや肌荒れなどを引き起こしやすくなります。

またホルモンに関連する乳がん、子宮がんなどの、卵巣がんなどの癌などの危険にも繋がって行きます。

この体内の減少したエストロゲンを体外から植物性エストロゲンのリグナンによって摂取することができ、バランスを補って保ち、健康の危険を防止する役目を果たしてくれます。

副作用は?

リグナンで摂取できるホルモンは女性の体になくてはならないものですが、過剰摂取にはやはり副作用があります。

女性ホルモンの高まりにより乳房の張りや下腹部の痛みを引き起こし、子宮内膜の増殖により子宮体癌のリスクも高まってしまいます。

サプリメントなどで摂取する場合は使用上の注意を良く読むようにして気をつけましょう。

リグナンの含まれる食品

以上のようなリグナンですが、摂取するのに最良の食物は亜麻・大麦・ひまわり・ごまなどです。

またベリー類やかぼちゃ・ブロッコリー・ケールなどの野菜もおすすめです。

【スポンサードリンク】

まとめ

このように女性の健康に大きな働きをするリグナンとエストロゲンは更年期、全更年期症状(30代女性)、更年期周辺症状(40代女性)の時期に不足してきます。

エストロゲンは一緒のうちスプーン1杯程度しか分泌されない希少な女性ホルモンです。

少しの分泌が減っただけで体に大きな変化を与えることになります。

以上のように30代から影響が出始めますので、それからは女性ホルモンを特に意識した食生活が大切になってきます。

このエストロゲンと同じ効果を持つ植物性エストロゲンを含むリグナンの摂取、是非とも考えてみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ