資本金とは?意味は?わかりやすく説明しますっ!!個人事業主、株式会社の違い♪

皆さんの周りには、会社を立ち上げた!なんて方はいらっしゃいますか??

近年新たに会社を設立する方が増えてきています。

しかし、会社を立ち上げるといっても、

資本金についてや、株式会社と個人事業主の違いなど

あんまり、よくわかりませんよね。

そこで、会社を設立するにあたっての基本事項である

資本金について、また、株式会社と個人事業主の違いを

わかりやすくまとめてみました!

会社を立ち上げることに興味のある方は

是非勉強し始めるきっかけとして利用してみてください。

【スポンサードリンク】

資本金って何??

早速ですが資本金について説明します。

資本金とはその言葉の通り、

「会社を設立するにあたっての資本となるお金」です。

皆さんも就職や転職などの際に会社のホームページを見て

会社概要の資本金を見てその会社が大きい会社かを見ているかと思われます。

資本金はざっくり、

その会社を運営するための運転資金、といったところです。

個人事業主の場合は自分が会社を設立するために用意したお金、

株式会社の場合は株主に対して株式を発行し、得たお金の中から

会社の設立資金に当たる部分のものを指します。

株式は、出資者から会社に対して

「会社を立ち上げる為に使ってね、でも儲かったら配当をくださいね」

というもので元々株式会社の場合1000万円、

有限会社の場合300万円が必要とされていました。

しかし2006年に会社法が改正され、

最低「1円」で会社を設立する事が可能になりました。

近年会社の設立が増えているのはこの会社法の改正が背景にあります。

資本金「1円」で設立した株式会社、有限会社は

「確認株式会社」「確認有限会社」といいます。

「1円」で会社を設立できると言われていますが、

実際にはその会社を国に登録するための必要な法定費用として

登録免許税15万円と、定款認証の費用5~9万円がかかります。

更に司法書士へ依頼などの費用を合わせると平均、

会社を設立するための費用として「30~35万円」

が目安と言われています。

更には設立5年以内に確認株式会社であれば1000万円、有限会社であれば300万円の増資を

行わなければならず、会社を設立する!といっても多くのお金が必要になってきます。

もし増資を行えない場合は、組織変更または解散の義務があり、

1円で会社を設立するとはいえ出資金が5年の猶予を持っただけ、と言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

株式会社と個人事業主の違いとは??

会社を設立するにあたって気になるのが、

個人事業主か株式会社、どちらで設立すればいいのかです。

株式会社、個人事業主、どちらにもメリット・デメリットがあります。

独立、起業を考えている方には見逃せません。

株式会社のメリット・デメリット

株式会社には税金面や信用面でのメリットがあります。

まず税金面では、所得税と法人税を比較すると

株式会社の所得にかかるものは税率が一定というメリットがあります。

また、個人事業主の場合は、収入から経費を差し引いた所得すべてに所得税がかかりますが、

株式会社の場合は、一部のみを経営者の報酬とし、そこに所得税が掛かります。

当然、個人事業主に比べて株式会社信用度は高いです。

大企業では、個人事業主とは取引しないといったところもあります。

また、保険や退職金を経費にできたり、赤字は7年間繰り越して控除することが可能です。

株式発行による資金調達ができたりといったメリットもあります。

逆に、株式会社のデメリットとして、登記に際して定款作成など面倒なことが多かったり、

赤字でも、必ず数万円の税金がかかったり等が挙げられます。

個人事業主のメリット・デメリット

個人事業主のメリットは、なんといっても手続きが簡単なことです。

個人事業主開業届けを出すだけで、個人事業主になることができます。

また、個人事業主開業届を出していなくても事業所得があれば確定申告しなくてはいけないので

個人事業主となることができます。

株式会社の場合、従業員の分も含め健康保険と厚生年金保険への加入が義務づけられますが

個人事業主であれば国民健康保険と国民年金に加入すれば問題ありません。

株式会社では制限のある交際費が全額経費にできます。

税金の計算や申告も簡単で、確定申告ソフトを使えば手軽に自分で行うこともできます。

その半面、赤字の繰越が3年までしか出来ないなど、税金面ではデメリットが大きいです。

個人事業の所得税は累進課税であるため、所得が増えれば増える程、税率が高くなっていきます。

また、個人事業主とは取引しない企業があったり、

従業員を採用する際もイメージがよかったりといったこともあります。

更に、生命保険は所得から控除となるため

株式会社のように経費で生命保険に加入するということができません。

有限会社とは??

新会社法の制定により現在新たに有限会社と設立することはできませんが、

まだ有限会社という名前が残っている会社も多く存在しますが

有限会社は株式会社とは違い株式の公開ができず、決算の公告義務がありません。

資本金は最低額「300万円」とされており、

家族経営や個人事業など将来的にも規模を大きくする予定のない会社には

有限会社が適していました。

さいごに

いかがでしたか??

資本金って何?と株式会社と個人事業主の違いについて、

ご説明しましたがなんとなくの部分がだんだん解明されてきたのではないでしょうか。

本格的に勉強するなら、

自分の設立しようと思っている会社形態について詳しく勉強するほうが効率的です。

どちらの会社形態にするかを決めるためにも、

大まかな株式会社と個人事業主の違いについて知っておく必要があります。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ