元利均等、元金均等の違いとは?どっちが得なの?~メリットとデメリット~

多くの方にとって、一生のうちで最も大きな買い物になるマイホーム。

そして、これを購入する際には大抵の方が住宅ローンを利用しますよね。

そこで気になってくるのが、住宅ローンの返済方法です。

返済方法には、元利均等・元金均等の2種類があります。

1文字しか違わず、「同じような物なのでは?」と思われてしまいがちなこれらの方法ですが、内容には大きな違いがあるのです。

では、どっちを選んだ方がお得に返済していくことができるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

元利均等と元金均等とは?

まずは元利均等・元金均等という2種類の返済方法がどういった内容なのか、チェックしておきたいですね。

・元利均等・・・元金と利息とが一定になっており、合わせた返済額が変わらないタイプです。

・元金均等・・・元金の償還を一定にする方法で、返済が進めば元金+利息の返済額が徐々に減っていくことになります。

つまり、住宅ローンを期間中にずっと一定の金額で支払い続けるか、あるいは返済するにつれて利息の割合も減り、徐々に返済額が減っていくかの違いですね。

このように比較すると、明らかに徐々に返済額が減る元金均等の方がお得な印象があります。

元利均等と元金均等のメリットは?

では、元利均等と元金均等、という2つの返済方法には、具体的にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

・元利均等

メリット・・・一定額を返済する方法なので計画が立てやすく、返済当初の返済額が少ないため、最初の負担が少なくなります。

デメリット・・・返済当初は元金部分の返済額が少なく、利息が大半になるため、トータルで見た利息は高くなってしまいます。

・元金均等

メリット・・・元金の減り方が早くなり、トータルでの利息を押さえることができるのでお得感があります。

デメリット・・・返済当初は元金が多いので利息も高くなり、初期は計画が立てにくく、負担も大きくなってしまいます。

つまり、返済当初の負担がどうか、トータルで見た時にお得になるのはどちらか、という選び方で住宅ローンの返済方法を選択していく、ということになりますね。

【スポンサードリンク】

元利均等と元金均等☆お得なのはどっち!?

2つの返済方法を比較してみて、結局、お得なのはどっちなのでしょうか?

トータルの金額で言えば、支払う利息が少なく済む元金均等の方が、明らかにお得になることが分かりますね。

返済額の減少と共に支払う利息が減っていくのですから、将来的に考えると、こちらの方がメリットが大きいと言えます。

特に子育てをしている家庭の場合、子供が大きくなるにつれて教育などにかかる費用も増えてきます。

そんなタイミングで、徐々に返済額を減らしていけるというのは魅力的ですね。

そういった状況の家庭であれば、最初は少しきつく感じられるかもしれませんが、元金均等を選んだ方が良いでしょう。

ですが、マイホームを建てた時、資金に余裕がなく高額の返済が厳しい状況ということもありますね。

そのような場合には、無理をせずに平均的に返済していける元利均等を選ぶのも、もちろん間違いではありません。

元利均等を選んだとしても、繰り上げ返済を行っていくことにより、トータルでかかる利息を元金均等と同じくらいに抑えることは可能です。

ボーナス返済や優遇金利の制度などを上手に活用すれば、お得な返済も難しくなくなりますね。

結局どっちの返済方法がお得なのか、という疑問に対する答えは、「それぞれの家計や将来の計画に合った返済計画を立てられる方法」ということになります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ