蚊取り線香の成分や効果は?赤ちゃんや妊婦、人体に害はないの?

夏に厄介なものと言えば、蚊ですよね。

蚊に刺されると痒いだけでなく、様々な伝染病を媒介する恐れもあるので、徹底対策しておきたいものです。

そこで活躍してくれるのは蚊取り線香ですが、よく考えてみると、これは一体どんな成分がどんな効果をもたらしてくれるものなのでしょうか?

赤ちゃんや妊婦さんなど、人体に害がないかどうかも気になるところです。

そこで、そんな蚊取り線香について解説していきます。

【スポンサードリンク】

蚊取り線香の成分と効果

蚊取り線香は独特の強い香りを持っています。

では、この香りの元となる成分は一体何なのか、気になるところですね。

実はこの蚊取り線香が発する強い香と煙をもたらしているのは、除虫菊という天然の植物由来のものになります。

除虫菊には、ピレトリンという成分が含まれており、これが蚊をやっつける効果を発揮してくれるのです。

煙を直接吸い込めばせき込んだり、ニオイに気分が悪くなってしまうことはありますが、基本的には含まれる成分は無害で、人体に悪影響を及ぼすようなものではありません。

そのため、除虫菊由来の蚊取り線香なら、安心して使用することができると言えますね。

ただし、市販の安価で購入できる蚊取り線香の場合は注意が必要です。

なぜなら、これらの蚊取り線香の大半は、実は除虫菊を使ったものではないからです。

市販の安価な製品は、除虫菊の代わりにピレスロイドという化学成分を染み込ませてあります。

ピレスロイドというのは、殺虫作用のある成分であり、高い効果で蚊をやっつけてはくれますが、昆虫の神経を麻痺させる毒でもあります。

そのため、毒性が強く人体にも影響があるのではないか、と不安視する声も少なくありません。

【スポンサードリンク】

蚊取り線香は赤ちゃんや妊婦でも平気?

では、蚊取り線香は赤ちゃんや妊婦といった、デリケートな身体の人にも悪影響はないのでしょうか?

基本的には、天然の除虫菊成分で作られた蚊取り線香であれば、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して使用できると言われています。

ですが、やはり煙をたくさん吸い込むと咳などが出て辛くなってしまいますので、赤ちゃんや妊婦さんからはやや、離れたところに置いて、しっかり換気しながら使っていくのが理想的ですね。

赤ちゃんや妊婦さんといった方々は、どうしても免疫力が低いため、ただ蚊に刺されただけでも真っ赤に腫れ上がったりすることがあります。

蚊取り線香による影響よりも、蚊に刺された時の影響の方が心配ですので、しっかり対策しておきましょう。

蚊取り線香の化学成分は人体に害がある?

除虫菊が天然成分で安心ならば、市販の蚊取りグッズによく用いられている化学成分、ピレスロイドは人体に害はないのか、という点も気になりますね。

こちらは、多くの蚊取りグッズに使用され販売されているということからも分かるように、高い安全性が認められた成分になります。

この成分は蚊などの昆虫、あるいは爬虫類といったものには神経を麻痺させる効果を発揮してくれますが、哺乳類には影響が少ないのです。

成分を吸い込んでしまった場合でも、分解され、短時間のうちに排出されることが分かっています。

そのため、人体に害がある可能性は非常に低いと考えられますね。

ただし、使用する際には換気を良くすること、赤ちゃんが薬剤に直接触れないように注意すること、など注意点をしっかり守って利用していきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ