双子はどうやってできるの?神秘的で謎だらけ!メカニズムと妊娠の確率は?

身の回りに、双子のきょうだいがいますか?

テレビで活躍するタレントさんや雑誌のモデルなど、

その場にいるだけで、双子というだけで神秘的なオーラがある人達が存在します。

双子の謎について、触れていきたいとおもいます。

まず、一般的に双子といっても双子にも違いがあります。

それは、一卵性双生児と二卵性双生児です。

あんまり詳しく知らない謎に包まれた双子について、調べてみました。

【スポンサードリンク】

双子とは

同時期に母体で育ち、同じ誕生日に出生した子供のことを言います。

一言に双子といっても、一卵性と二卵性では大きく異なります。

一卵性双生児

一卵性とは、本来なら1人になるはずの受精卵が何らかの原因で2つに分かれて

そのまま2人にわかれて成長したことで生まれてきます。

どうして2つにわかれてしまうのかのメカニズムは未だに解明されていません。

1つの受精卵から分裂することで、全く同じ遺伝子を持つ子供になるますので

性別はもちろん、背格好やおおまかな顔のパーツや構成もほとんど同じです。

ドイツで行われた研究の結果では、

一卵性として生まれた双子が別々の環境で育った場合、

遺伝子的に決まる癖や趣味、根本的な性格は似ており、

育った環境によって決められる異性の趣味や

感情にまつわる部分には違いが生じていました。

二卵性双生児

同時に2つの卵子が受精し、受精卵が同時に育つことで二卵性双生児として生まれてきます。

二卵性の場合、一卵性とは違い性別が異なる場合もあり、

誕生日が同じなだけのきょうだい、となり

ほとんどそっくり、というほどには似ず、他人からは

ただのきょうだいとして認識される場合がほとんどです。

不妊治療によって双子ができるケースも多いようです。

排卵誘発剤を使用したことで卵子が2つ排出されることや

体外受精を行った受精卵を妊娠率を上げるために体内へ

複数個戻すことで二卵性の双子ができるケースもあるようです。

双子の出産

一度に2人の子供を授かる事でラッキーだと考える方もいるようですが、

母体は2人分の栄養を摂取する必要があり、

更に子宮は本来1人の子供を育てるための器官であるため

ほとんどが早期出産として産まれてきます。

貧血や妊娠中毒症に苦しむ事が多く、更には帝王切開の可能性も高くなります。

【スポンサードリンク】

一卵性双生児のシンクロ現象

よくドラマや映画、小説、漫画などで

一卵性双生児の双子はよく感情や行動がシンクロする、という描写がありますが

実際にはそんなことがありえるのでしょうか。

一卵性の双子を持つ家庭やその友人は、

よく一卵性の双子のシンクロを目の当たりにしているようです。

例えば、

泣き始めるタイミング

じゃんけんでずっとあいこが続く

急にあるものを食べたくなってしまい、後日同じものを食べたか確認すると食べていた

病気やケガに関して胸騒ぎがする

など、双子のシンクロ以外では説明のつかない現象が起きているという報告が

世界中から集められています。

双子を妊娠する確率とは??

同級生に1人、いるかいないかの双子ですが、

実際のところ、双子が生まれる確率とは一体どれくらいなのでしょうか。

自然妊娠での確率は約100分の1とされているようです。

中でも一卵性双生児が産まれる可能性はとても低く、0.3~0.4%

二卵性双生児が生まれる可能性は約1%ほどとされているようです。

世界でみると双子が多い地域は存在するようです。

南アフリカにあるベナンという国では

二卵性双生児が産まれる確率が日本よりも多いようです。

日本において二卵性双生児の割合は世界で43位、

1000回出産のうち割合で10.7組となっていますが

ベナンでは自然妊娠で1000回の出産のうち

二卵性双生児が生まれる割合は27.9組と、非常に多い割合です。

自然妊娠の場合、黒人の双子の確立が1番高くなっており、

その次に白人、ヒスパニック系、アジア人の純となっています。

更に、子供を産む年齢によっても割合が変かすると言われています。

35歳~39歳ですと、双子が産まれる割合は21.7%、

20歳未満でのは双子が産まれる確率は0.63%しかないようです。

また、不妊治療を施している人も確立が高くなります。

まだまだ謎の多い双子

確率や興味深いエピソードがたくさんある双子ですが

狙って産み分ける、ということはとても難しく

本当に神秘的で謎に包まれた存在であることは確かなようです。

どうしても双子の赤ちゃんが欲しい!という方は

少しでも効果があるとされている食べ物や行動を試してみるのもいいかもしれません。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ