プリスクールと幼稚園どっちがいいの?バイリンガルは必要?英語ペラペラになるの?〜プリスクールのメリット、デメリット〜

親という立場になると、子供の教育に関してはあれこれ悩んでしまいますよね。

例えば幼稚園に入る年齢になったら、プリスクールと幼稚園、どちらにしようかと悩まされる方も多いのではないでしょうか?

バイリンガルになる必要はあるのか、そもそもプリスクールに通えば英語ペラペラになることはできるのかどうかという点も疑問に感じてしまいますね。

そこで、そんなプリスクールのメリット・デメリットについて紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

プリスクールと幼稚園はどちらが良い?

まずプリスクールと幼稚園、どちらの方が子供のためになるのか、ということを考えてみましょう。

プリスクールというのは、英語環境の中で子供たちを保育していく施設になります。

つまり子供は、常に英語に自然と触れ合う環境になりますので、スムーズに語学力が蜜肉というのが嬉しいポイントですね。

基本的には保育内容は幼稚園とは変わらず、歌を歌ったり工作したりといったものになります。

違った点は、先生に外国人教師が多く、また、補助スタッフとして入る日本人も英語が話せる人であるという点です。

外国の幼稚園に通っているような感覚を、日本で味わうことができるということですね。

つまり英語を自然に身に付けたいという方針の方の場合には、プリスクールを選んだ方が良いということになります。

ですが、こういった施設は基本的には無認可で、塾などと同じ感覚のものになります。

そのため、幼稚園よりも費用が高くなる傾向があるというデメリットもありますので、ある程度の英語力を身に付けたいだけなら、「幼稚園に通わせながら英会話教室に通う」という方法もアリでしょう。

【スポンサードリンク】

プリスクールのメリットとは?

プリスクールに関する最大のメリットと言えば、やはり英語力が自然に身につくという点ですね。

ある程度大きくなってから学習する英会話では、なかなか聞き取ったり発音したりするのが難しくなりますが、まだ語学力の発達段階にある幼児の頃から英語に囲まれて過ごすことで、英語がペラペラになります。

まさにバイリンガルのように、英語と日本語を自然に使い分けることができるようになる、というわけです。

ハーフの子供や幼少期を英語圏で過ごした子供のような感覚で、英語と日本語が話せるバイリンガルになれるのは魅力的ですね。

グローバル化が進む現代社会において、英語力というのは将来、社会人になった時にも大きな武器になります。

バイリンガルとして育てておくことで、子供の将来の可能性を大きく広げることができるというわけです。

このようなメリットに惹かれて、子供をプリスクールに通わせる方が増えているのですが、メリットばかりではないということも覚えておかなければなりません。

プリスクールのデメリットとは?

では、プリスクールのデメリットとはどのような点なのか、チェックしてみましょう。

・費用が高い
・社会性が身に付きにくい場合もある
・親とのコミュニケーションが取りにくくなるケースもある
・国語力が育ちにくいこともある

プリスクールといっても、その教育内容や施設の方針などは違ってきますし、子供がどう育つのかもそれぞれです。

そのため、デメリットと言えることが全てのケースに当てはまるとは限りません。

ですが、小人数制を実施することが多いプリスクールでは社会性を学びにくかったり、両親に英語力がないと家庭でのコミュニケーションがうまくいかなくなることもあるのです。

また、英語を使った学習をメインにしているため、どうしても日本語の読解力がイマイチで、その分、小学校からの義務教育で幼稚園の子ども達とは差が出てしまうこともあります。

もちろん、これらはケースバイケースですので、施設の選び方や子供とのかかわり方によっても変わってきます。

ただ、気を付けなければならないのは「プリスクールに通わせればバイリンガルになれるから絶対に子供のためになる!」と思い込んでしまうことです。

英語に囲まれた環境で過ごすことで、起こってくるデメリットもあるということを知り、子供のためにも慎重に選んであげることが大切ですね。

無理にプリスクールを選ばなくても、幼稚園と英会話教室の両立という方法もありますし、プリスクールには週に1度だけ通うという方法もあります。

子供にとって最も良い環境で幼児期を過ごせる方法を、真剣に考えてあげましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ