ブラインドとカーテンどっちがいいかな?併用?~組み合わせも比較~

皆さんの家の窓には、ブラインドとカーテンどちらを使っていますか??

ブラインド派、カーテン派、二つに分かれてしまう意見ですが、

併用しているという方も多いようです。

家の購入や引っ越しの際にブラインドとカーテン、

どちらを選ぶか悩みますよね。

どちらもメリットデメリットありますのでしっかり考えてから購入したいものです。

そこで、ブラインドとカーテンのメリットとデメリット、

どのような窓に適しているのかをまとめてみました。

ブラインドとカーテンどちらにするかをお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

ブラインドのメリットとデメリットとは??

まずはブラインドとカーテンのそれぞれの特徴と

メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

ブラインド

ブラインド

○特徴

一般的に木製やアルミ製でできており、

細長い板状になったものが糸で等間隔に繋がれており、

上下に開閉し、板の角度を調節することができます。

様々なデザインやサイズで販売されています。

ブラインドはシンプルなデザインでスッキリした印象があり、

お風呂場や寝室、リビングまで様々な場面で重宝されています。

ブラインドのメリット

○調光機能

ブラインドのスラットを調節することで部屋を心地よい明るさに変更できます。

季節ごとの採光調節だけでなく、1日のうちでも日差しの取り入れ方をコントロールできます。

○プライバシーの確保

調光調節と同じく、

スラットの角度を調節することで上から、下から、正面からなど

様々な角度からの視線を妨げることができます。

○風を通しやすい

夏場はブラインド1つでカーテンよりも多くの光を遮断し、

多くの風を通します。

布を通る風の量よりもブラインドの隙間を通す風のほうが多いのです。

○汚れを取りやすい

カーテンに比べてブラインドは拭き掃除のみで汚れを落とすことができます。

洗濯して落とすカーテンに比べて毎日の掃除でブラインドは綺麗に保つことができるのです。

ブラインドのデメリット

○温度調節

夏とは反対に、ブラインドはカーテンよりも多くの風を通すので

部屋の温度を下げてしまいます。

布に比べて木製やアルミ製の多いブラインドは多く熱を逃がしてしまう傾向にあります。

○窓とぶつかる音

木製やアルミ製のブラインドは、窓が開いていることで風によって揺れ、

窓やサッシにあたって音が鳴ってしまいます。

窓やサッシ、壁の傷や音が気になる場所にはオススメできません。

カーテン

カーテン

○特徴

布製のものを窓の上に取り付けられたレールから吊るし、左右に開閉します。

遮光カーテンとレースのカーテンを併用するのが一般的で、

熱や光を遮る、または閉じ込める遮光カーテンと

視線やホコリを遮るレースのカーテンの2種類があります。

また、ユニットバスなどには防水のカーテンなど、多くの場面で使用されています。

カーテンのメリット

○価格と種類

カーテンは昔から多くの過程で親しまれているもので、

価格もとてもお手軽なものから、様々な種類があります。

また、デザインや形状、色、素材など様々な種類が存在します。

部屋の雰囲気や窓の大きさ、設置する場所によって合うものを選ぶことができます。

○埃の遮断

部屋に設置するカーテンの多くは布製で、

外部からの埃を布の繊維がキャッチし、部屋の中への侵入を防ぎます。

○熱の遮断、保護

カーテンを閉めることで熱を遮断し、

また反対に部屋の暖気を逃がしません。

カーテンのデメリット

○掃除

ブラインドに比べ、カーテンは毎日のお手入れができるものではありません。

汚れてきたなと感じたら、カーテンを取り外しで洗濯し、

多くのスペースを使って干す必要があり、時間と手間がかかってしまいます。

また、かさが大きいため重く、取り外しから洗濯、乾燥、取り付けに至るまで

家中のカーテンを1日に洗濯するのは難しいです。

○遮光パターンが少ない

ブラインドは角度によって調節できるのに比べ、

カーテンは開けるか締めるかでしか調節ができません。

光を遮断しても風をもっと通してほしい場合など

ブランドと比べるとなかなか調節が難しいのが現状です。

ブラインドとカーテンの活用方法

それぞれの特徴を活かして場所や用途に合わせてブラインドとカーテンを設置することがおすすめです。

お風呂場にブラインドを設置している方が多いように、

角度による調節、防水性を重視する場所にはブラインド、

リビングの大きな窓にはカーテン、小さな窓にはブラインド、といったように

窓の大きさや部屋の位置によって使い分けるのもいい方法です。

【スポンサードリンク】

ブラインドとカーテンの併用とは??

ブラインド、カーテン、この2つのワードを検索したら多くでてくるのが

「併用」という言葉です。

ブラインドとカーテンの併用とは、いったいどのような状態なのでしょうか??

ブラインドとカーテンを併用すると、

両方のメリットを合わせて使用することができます。

使用方法としては、

レースカーテンの代わりにブラインドを使用する

というものです。

外側にブラインドを設置し、カーテンもつける。

すると、ブラインドでレースカーテンの機能だけでなく

ブラインドのメリット部分を最大に活用することができます。

また、カーテンも併用していることで、

ブラインドだけでは足りなかった熱の保護、断熱の面をカバーできます。

カーテンを両脇に寄せてブラインドの機能、

カーテンを閉めてカーテンの機能といったように

ブラインドとカーテンを併用することで遮光、断熱、風の調節が簡単にできるようになります。

ブラインドとカーテン、どちらか悩んでいる方はぜひ

併用を検討してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ