女性特有の不快な症状PMSとは?ひどいイライラや憂うつ感、頭痛や腹痛、腰痛などの原因は?PMSを緩和させる対策は?

PMS=月経前緊張症。女性特有の不快な症状の一つです。

毎月悩まされている方も多いのではないでしょうか?

PMSが起こる原因は、月経前に女性ホルモンが異常分泌されることによって、副交感神経が乱れるという説があります。

ですが、はっきりとした医学的根拠は、発表されてはいないのが正直なところです。

症状もイライラや憂うつ感、頭痛や腹痛、腰痛からめまいや吐き気、微熱など、人によって様々です。

PMSについては婦人科でもちろん相談できますが、行きづらいと思う方も多いと思います。

そこで、今回は、PMSを緩和させる方法についてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

半身浴

38度位の温めのお湯で、15分~30分位、半身浴しましょう。

温めのお湯に15分~30分浸かっていると、身体の芯から温まり、新陳代謝が良くなるため不快な症状が緩和されます。

PMSには特に、腰から下をよく温めることが大切です。

粗塩を一つかみ、または、日本酒や赤ワインをグラス一杯入れると、更に、温まりやすくなります。

アロマオイルを数滴、垂らすのもオススメです。

岩盤浴

デトックス効果があると、言われている岩盤浴。

PMSは日頃の疲れやストレスが、一気に出てしまう場合も少なくないようです。

天然石の上に横たわり日頃の疲れを癒しましょう。

交感神経を鎮める作用があるため、イライラや憂うつ感などのメンタル的な症状の緩和も期待出来ます。

ボディケア

リラクゼーションサロンや整体店でボディケアを受けましょう。

身体が温まり血行が良くなるため不快な症状や痛みなどが緩和されます。

また、リフレクソロジーなどのフットクアがオススメです。

足裏の反射区が刺激されることによって全身の老廃物が汗や尿と共に排出され身体が楽になります。

リンパドレナージュやロミロミなどの、全身オイルマッサージもオススメします。

施術後には出来るだけ常温の水で水分補給して下さい。

ホットストーン

温めた天然石や岩石を背中に乗せるセラピーです。

ネィティヴアメリカンが、生理痛がひどいときに、太陽の熱で石を温めて、お腹に乗せ痛みを緩和させていたのが由来といわれています。

【スポンサードリンク】

身体を温める食品を摂る

PMSになりやすい体質とは冷えや低体温であることが多いといわれています。身体を温める食品で根本から緩和させましょう。

しょうが

しょうがには、辛み成分のジンゲロールと、ショウガオールが含まれています。この成分が、身体を温めてくれると言われています。

唐辛子

刺激的な辛みが、血管を拡張させ、血行促進に役立つと言われています。

プルーン

北方の果物は身体を温める効果があると言われています。また、便通が良くなり、鉄分豊富なため、造血効果もあることでも知られています。

この他にも、リンゴ、サクランボ、ブドウなどが、身体を温める果物と言われています。

黒米など黒い食品

色の黒い食品には、身体を温める効果があります。また、黒米には、食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれているため、便秘解消や、体調を整える効果もあることで、知られています。

スパイス類

こしょう、八角、マスタード、クローブ、シナモンなど。発汗作用があり、身体を温めてくれます。

PMSに効果的なハーブ

ヨーロッパでは古代ギリシャ時代から医薬品として扱われているハーブです。日本でも、古くから、止血、鎮静作用が期待できるとして、使用されています。
医薬品としては認可されていませんが、ドラッグストアなどで手軽に購入できますし、副作用はほとんどありません。イライラしたり、憂うつになったりという症状がある場合に特にオススメです。

まとめ

毎月やってくる不快な症状は日常生活や仕事にも支障をきたす場合もありますよね。日頃からケアして体調を整えておくことが大切です。良かったらご紹介した内容を参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ