コーヒーの飲み過ぎは禿げる(ハゲる)?薄毛の原因は珈琲なの?

私たちの生活に身近なコーヒーですが薄毛の原因になるって、ご存知でしたか?

朝早い方や午後のひといきに、またいろいろこだわりを持っている愛好家も少なくありませんが

実はコーヒーの飲みすぎはハゲる!なんて事があるようです。

何故、コーヒーの飲みすぎははげるのか

どういう理由でコーヒーが薄毛の原因になるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

コーヒーが薄毛の原因になるってホント!?

コーヒー愛好家の方にはショックな事実ですが、

本当に珈琲と薄毛は関係しています。

ですが、「飲みすぎ」がよくないというだけで

適量を飲む分には問題ありません。

寧ろ、適量であれば育毛効果があると言われています。

コーヒーと薄毛の関係性とは??

では、なぜコーヒーの飲みすぎが薄毛の原因になるのでしょうか。

それは、コーヒーが持つ性質にあります。

睡眠の質の低下

コーヒーにはカフェインが含まれており、

そのカフェインの作用によって睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠は髪にとって重要です。

その睡眠の質が下がってしまう事で薄毛の原因になってしまいます。

育毛効果のある栄養素を吸収しにくくする

コーヒーは亜鉛・アデノシンの吸収力を下げる作用をもっています。

亜鉛・アデノシンは髪を生成するために重要な栄養素ですので

その吸収を抑えてしまう事で育毛の為の充分な亜鉛を摂取しにくくなります。

アデノシンは睡眠前~睡眠時にかけて分泌されますので、

コーヒーのカフェインがアデノシンを邪魔しないよう、

就寝前に飲む事は避けましょう。

【スポンサードリンク】

胃が荒れてしまう

コーヒーを1日に多く飲むと、なんだか気持ち悪くなりませんか?

中には気持ち悪くならない方もいますが、

大半が飲みすぎで気持ち悪くなってしまうかと思われます

それはコーヒーの飲みすぎで胃が荒れてしまうことが原因です。

胃が荒れてしまう事によって様々な栄養素の吸収力が低下してしまいます。

栄養素が足りなくなることで髪を育てる力が弱くなり、薄毛の原因になってしまうようです。

コーヒーは育毛効果がある!?

先に少し触れましたが、コーヒーは飲みすぎなければ育毛に効果があると言われています。

薄毛の原因になるって言ったのに、矛盾だ!と、思いますよね。

コーヒーは飲みすぎると良くないだけで、適量であれば様々な良い効果があるのです。

一体、育毛にどんな効果があるのでしょうか。

・毛細血管の拡張

・血流を良くする

・血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する

秘密はコーヒーが血液にもたらす効果にあります。

血行が促進される事で育毛に効果があります。

他にも、消化を手助けたり利尿効果、

眠気や疲労感を取り除いて集中力がアップするなど

コーヒーがもたらす良い効果はたくさんあります。

適量を飲むこと

何事も適度であることが大事です。

コーヒーは適量であれば人間にたくさんの良い効果をもたらしてくれます。

1日3,4杯までを目安にしましょう。

飲みすぎると気持ち悪くなるだけでなく薄毛の原因にもなってしまうので

味を楽しんだり、香りを楽しんだり、飲みすぎない程度で済ましましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ