サンオイルの効果とは?塗り方は?日焼け止めとの違いは?~サンオイルの日焼けの仕組みをわかりやすく解説~

はじめに

サンオイルと日焼け止めの違い、ということを考えたことがありますか?

イメージから想像するとサンオイルは綺麗に日焼けするためのオイル、日焼け止めは日焼けを防ぐためのオイルというイメージでしょう。

また、その中にも様々な種類があり、どれを選んだらいいのかわからない方も多いでしょう。

ではそのような疑問を解明していきます。

【スポンサードリンク】

サンオイルと日焼け止めの違い

実はこの2つの違いは前述の通りなんです。

サンオイル=綺麗に日焼けする
日焼け止め=日焼けを防ぐ

この考え方であっています。

しかし細かく言うと、この2つは同じもので、どちらも日焼けを防ぐ目的の成分を含んでいます。

サンオイルはそれを防いでしまうのでなく、徐々に日焼けするように調整されているものなんです。

日焼け止めの基準・SPF

日焼け止めにはSPFという数値が書かれています。

これはサンプロテクションファクターを略したもので、数値が大きいほど日焼けを防ぐ=日焼けしていくのを遅らせる効果が高くなります。

つまりこの数値が高いものが日焼け止め、低いものがサンオイルと呼ばれているわけです。

ここで注目していただきたいのが、あくまで”日焼けを遅らせるもの”ということです。

つまり日焼け止めとはいっても完全に日焼けを防げるというわけではありません。

SPFの判断の基準

個人差はありますが、平均の数字として人が日焼けし始めるのは15−20分ぐらいからだといいます。

そしてSPF30であればそれを30倍遅らせる、つまり450−600時間まで遅らせることができます。

目安として日焼けを防ぐ目的で使用するのであれば軽く出かける程度ではSPF35ぐらいのもの、1時間以上のスポーツなどは50以上を使うことをお勧めします。

日焼けは体にいいのか?

そこでもう1つ疑問がでてくると思います。

日焼けが果たして体にいいのか、ということです。

日光には3種類の光が含まれており、目に見える「可視光線」と目に見えない「赤外線」と「紫外線」です。

この紫外線が有害物質なんです、

紫外線はシワやたるみ、しみ、そばかす、皮膚病の原因ともなり、以前はオゾン層に吸収されて地上まで届いていなかったのですが、近年はそのオゾン層の破壊によりどんどん強力になっていっています。

そのため皮膚ガンの割合が増加しています。

しかし人が健康に生きるには体に日光を浴びてビタミンDを生成する必要があります。

その日光を浴びる必要がある時間は1時間15分ほどです。

日焼け止めを使う利点

このような紫外線を防ぎながら日光を浴びることに日焼け止めは安全を助けてくれます。

肌を焼きたいという人もサンオイルを使って徐々に焼いていけばかなり安全になります。

その焼くスピードですが、人によってバラバラです。

もともと肌が色黒の人などは紫外線に強く、速く焼いても大丈夫ですが色白の人は気をつける必要があります。

よく白人の方でしみが多い人がいるのが良い例で、色素が弱い人が紫外線を急に受けるとあのように肌が荒れてしまいます。

【スポンサードリンク】

日焼けする際の注意点

では徐々に焼くに当たってどのように気をつければ良いのか。

以下のようなことに気をつけましょう。

日焼け止めの選び方

ここまで説明してきたように色白の方はSPFの数値の高いものから始めましょう。

日差しの強い時間を避ける

昼間の10時から3時にかけての時間は日差しのもっとも強い時間で、この時間の日光からの刺激は非常に強力です。

ある程度焼けてくるまではこの時間に焼くことは避けた方が良いでしょう。

いきなり長時間焼かない

焼き始めの頃は肌がまだ慣れていないので、長時間日光に晒すことは日差しの強い時間を避けても強い刺激を与えるのと同じことになります。

焦らず、少しずつ焼いていきましょう。

最初は1−2時間、慣れて来ても3時間以内に止めることが良いでしょう。

それ以上の日焼けは皮膚への負担が大きくなります。

まとめ

以上のように日焼け止めの種類について説明しました。

日焼けを完全に防ぎたい人・適度に焼きたい人など様々でしょうが、商標の”日焼け止め””サンオイル”という言葉を漠然と受け取るだけでなく、SPFの数値と自分の肌の強さと相談しながら使用していきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ