驚異の効果!ゴジベリー(クコの実)とは!TVあさイチで紹介♪おすすめの食べ方!~美・健康・アンチエイジングへの効能~

優れた栄養素をたっぷり含有しているスーパーフルーツの1つ、ゴジベリー(クコの実)。

TVあさイチでも紹介され、話題になっていますね。

様々なお悩みを持つ女性にとって救世主となってくれそうなスーパーフードとして、注目している方も多いのではないでしょうか?

そこで、ゴジベリーが持つ、美・健康・アンチエイジングへの驚きの効果・効能や、おすすめの食べ方をチェックしてみましょう。

【スポンサードリンク】

ゴジベリー(クコの実)の栄養がスゴイ!

ゴジベリーというと「あまり聞いたことのない名前の果物」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、実はこれは日本においても、親しまれている果物の1つなのです。

このゴジベリーとは、日本では「クコの実」という名称で販売されています。

クコの実なら食べたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

主に中国で生産される果物ですが、国産のものもあり、なんと自生しているものもあるというから驚きですね。

そんなゴジベリー(クコの実)は、実は中国では、昔から漢方薬を作るための原料として重宝されてきました。

美しいことで知られていた楊貴妃が用いていたとも言われるほど、美容や健康、アンチエイジングなどの効果・効能が期待できる魅力的なスーパーフードです。

ゴジベリーには、豊富な栄養が含まれますが、中でも注目したいのがβカロチンです。

他にもビタミンB1やB2、ビタミンC、ニコチン酸などの栄養素もたっぷりと含まれており、現代人に不足しがちな様々なビタミン類を、しっかり補給することができます。

それからもう1つ、ゴジベリーで注目したい栄養素がリコピンです。

トマトなどに豊富に含まれている印象の強いリコピンですが、これはビタミンEの約100倍もの抗酸化作用があることで知られています。

様々な老化の原因となる活性酸素。

この活性酸素を除去し、アンチエイジングをサポートしてくれるのが、ゴジベリーに含まれるリコピンなどの抗酸化物質なのです。

ゴジベリーの効果・効能とは?

現代人に嬉しい、美・健康・アンチエイジングに役立つ栄養が満点なゴジベリー。

そんなゴジベリーの効果・効能をより詳細にチェックしてみましょう。

・リコピン・・・抗酸化作用を発揮してアンチエイジングに役立つ

・βカロチン・・・体内でビタミンAに変換されて目や皮膚の健康に役立つ

・鉄分・・・貧血対策に効果的

・ビタミンC・・・美白やコラーゲン生成のサポート

このように、ゴジベリーに含まれる豊富な栄養は、それぞれに様々な効果・効能を持っています。

他にもゴジベリーにはルチンなども含まれており、目の健康に役立つことでも知られています。

見た目には小さな可愛らしい果実ですが、なんと100種類以上もの栄養が含まれているスーパーフード、ゴジベリー。

滋養強壮や免疫力アップにも優れた効果が期待でき、ひざ痛、腰痛などにも役立ってくれます。

ゴジベリーは様々な面から美容にも健康にも役立つ、現代人の心強い味方なのです。

【スポンサードリンク】

ゴジベリーのおすすめの食べ方

優れた栄養満載のゴジベリーですが、おすすめの食べ方を知っておくことで、より有効に活用することができます。

まず、クコの実と言えば連想するのは、杏仁豆腐ではないでしょうか?

杏仁豆腐の上に赤いクコの実をトッピングし、これをそのままいただくというのも良いですね。

ゴジベリーはそのまま食べても美味しく、おつまみ感覚でいただくことができます。

それから他には、お湯を注いで枸己茶として飲む方法もありますね。

食べ方のアレンジとしては、アイス、ヨーグルトなどお好みの食べ物にトッピングするのも良いでしょう。

あるいは、健康のためにグリーンスムージーを飲む方なら、ここに加えるという食べ方もおすすめです。

それから、人気テレビ番組のあさイチでは、このゴジベリーを用いた料理のレシピも公開されています。

塩と酢でよく揉んで旨みを引き出したゴジベリーを、鶏むね肉や酒、塩と一緒に炊いた「ゴジベリーご飯」。

それから、沸騰させたお湯に下ごしらえしたゴジベリーとなめこを加えて作るみそ汁。

どちらも、とても簡単にできるレシピですね。

あさイチでは、ゴジベリーを使ったレシピが多数紹介されていますので、お料理に活用したい方はぜひ、チェックしてみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ