赤ちゃんが風邪で微熱が続く!対処法と原因!病院に連れていく基準は?~咳、鼻水、下痢が辛そう~

赤ちゃんはまだまだ体が未熟ですので、風邪などの感染症にも、とてもかかりやすいものです。

風邪も軽度の症状であれば、それほど気にすることもないのですが、赤ちゃんに微熱が続くような時は、やっぱり不安になってしまいますよね。

微熱が続く場合の原因や対処法を正しく知っておくことで、冷静に対処したいものです。

また、微熱や咳、鼻水、下痢などで辛そうな場合に、病院に連れていく基準がどの程度なのかも、気になってしまうポイントです。

そこで、そんな赤ちゃんの風邪に関するお役立ち情報を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの風邪で微熱が続く対処法と原因

赤ちゃんが風邪をひくのは、決して危険なことでも、避けなければならないことでもありません。

未熟な赤ちゃんは何度も風邪などの感染症にかかりながら、徐々に免疫力を付け、強くなっていくと考えることができます。

そのため、軽度の症状なら慌てることは無いのですが、熱を出してしまうと不安ですよね。

赤ちゃんの熱の出方にも色々あり、急激に熱が出て、すぐに下がって元気になるものと、微熱が長く続いてしまうものとがあります。

これは感染しているウイルスや細菌の種類により、症状の出方が違ってくるからです。

例えばウイルス性の感染症の多くは、夜になると急激に熱が上がり、朝になると下がるという症状が繰り返されることが多いですね。

また、微熱が続く症状の場合、原因の1つとして考えられるのが中耳炎です。

それから他にも、手足口病が原因で微熱が数日にわたり続くということもあります。

対処法としては、体に負担がかからないように安静にしながら、小児科で診察を受け、適切な治療をしていくことが基本になりますね。

赤ちゃんの熱で病院に連れていく基準

大人なら、少しくらいの熱では病院には行かないという方も多いでしょう。

ですが、赤ちゃんの場合は「体も小さいし未熟だし、やっぱり不安だから病院に行くべきかな?」と心配してしまいますよね。

では、熱が出た場合に、どの程度なら病院を受診すべきなのでしょうか?

ある程度の基準を頭に入れておくと対処しやすくなりますね。

まず、熱の高さです。

38度を超えて明らかに高い熱がある場合、ひきつけなどの症状を起こすリスクもありますし、重篤な病気が隠されている可能性もあります。

一応、受診しておくのが安心ですね。

それから、微熱が出ている期間も大切です。

1日や2日で下がる微熱なら良いのですが、4日以上にわたり続いているようなら、一応受診しておいた方が良いでしょう。

また、全身症状を見ることも大切な基準になります。

機嫌が悪かったり、吐いたり下痢をしたりと、他にも体調が悪いことを示すサインが色々ある場合にも、受診しておきましょう。

基本的に、赤ちゃんの体温は高いため、37度程度の微熱であれば心配ないことが多いです。

37度で機嫌がよく、他に気になる症状もない場合は、自宅で様子を見ると良いですね。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの咳・鼻水・下痢が辛そうな場合の対処法

赤ちゃんの健康状態を示すのは、熱だけではありません。

例えば37度以下の平熱であっても、あるいは37度台の微熱であっても、激しい咳や止まらない鼻水、呼吸まで苦しそうな鼻づまり、下痢などの症状が辛いこともあります。

そういった場合にも、やはり病院を受診してあげることが大切です。

6ヶ月頃の赤ちゃんは、離乳食を食べ始めた時期なので、まだうんちも緩く、下痢には気づきにくいかもしれません。

ですが酸っぱいニオイがしたり、色がおかしかったり、明らかに水っぽいうんちである場合には、下痢を疑い、離乳食の内容も、より胃腸に優しいものにしてあげましょう。

10ヶ月頃になると、そろそろうんちも固形になってくるので、下痢の症状も分かりやすくなります。

下痢をしている時は、離乳食を1段階戻して、柔らかく消化の良いものを与えるようにしてください。

咳や鼻水は、室内を加湿することで軽減できる場合もあります。

それでも辛そうな場合は、病院で咳止めや鼻のお薬、整腸剤などが処方されますので、こういったお薬を飲ませることで、体を楽にしてあげることができますね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ