ホットヨーグルトの脅威の効果!朝、夜、寝る前いつ飲むのがいい?便秘、ダイエットに最適!~効果的な作り方を伝授♪~

美容に役立つ食べ物の1つとして知られるヨーグルト。

これを温めて作るホットヨーグルトに脅威の効果があることが注目されています。

では、そんなホットヨーグルト、朝、夜、寝る前のいつ飲むのがいいのでしょうか?

便秘やダイエットに成功できずお悩みの方に最適なホットヨーグルトの、効果的な作り方や飲み方について紹介していきます。

【スポンサードリンク】

ホットヨーグルトの効果とは?

そもそもホットヨーグルトとは何なのかというと、これは市販のプレーンヨーグルトを温めたものになります。

特別に「ホットヨーグルト」という商品を購入しなければならないわけではなく、簡単に手に入るヨーグルトを温めるだけなので、誰もが気軽に取り組める美容・健康法として注目されています。

そんなホットヨーグルトが注目されているのは、美容や健康に、大変優れた効果が期待できるからです。

まずヨーグルトと言えば便秘対策に役立つことが有名ですが、温めることで乳酸菌が活性化され、さらに便秘に優れた効果が発揮されます。

また、ホットヨーグルトは消化機能を向上させるため、ヨーグルトのカルシウムの吸収率を高める効果も期待できます。

さらに、ヨーグルトにはトリプトファンという物質が含まれているため、これにより質の良い睡眠がとれるようになるという効果もあるのです。

また、ホットヨーグルトは多くの女性にとって「永遠のテーマ」と言っても過言ではない「ダイエット」にも優れた効果があると言われています。

あの山田花子さんがダイエットに成功したのも、ホットヨーグルトを取り入れたダイエット法でした。

このように、ヨーグルトを温めるだけという簡単な作り方でできてしまうホットヨーグルトには、驚くほど優れたパワーが秘められているのです。

ホットヨーグルトはいつ飲む?

せっかく優れた効果が期待できるホットヨーグルト。

その効果を最大限に引き出すためには、いつ飲むのが最適なのか、気になるところですね。

ヨーグルトと言えば朝のイメージが強いですが、ホットヨーグルトに関しては、朝でも昼でもなく、夜、特に寝る前の摂取がおすすめです。

寝る前に食べておけば、寝ている間にヨーグルトに含まれるカルシウムが、脂肪と結びつき、排出を促してくれます。

つまり、ダイエットに効率よく役立てられるというわけです。

ただ、ホットヨーグルトは朝に食べても、乳酸菌の効果により腸の働きを活発にしてくれる効果が期待できます。

よりしっかり実感したいのであれば、朝晩のホットヨーグルトを習慣にしてみるのも良いですね。

ただし、乳酸菌は胃酸に弱いため、食後の摂取をおすすめします。

【スポンサードリンク】

ホットヨーグルトの効果的な作り方は!?

魅力的な効果がたくさんあるホットヨーグルトですが、その作り方にはコツがあります。

基本的には、レンジで温めるという簡単な作り方ですが、温め過ぎると、せっかくの乳酸菌が死滅してしまうのです。

作り方は、まず市販のヨーグルト100mlに対し、水大さじ1、はちみつ大さじ1を加えて混ぜます。

これを、ラップをしないで600wのレンジで1分程度加熱し、取り出して混ぜれば出来上がりです。

冷たいヨーグルトはまずいから苦手、という方でも、こうして温めることで酸味が無くなり、まろやかで美味しくなります。

はちみつの優しい甘味も加わり、とても食べやすくなるのも嬉しいポイントですね。

注意点としては、仕上がりにきちんと混ぜないと、ホットヨーグルトが分離したような状態になってしまいます。

混ぜれば滑らかになりますので、この「ちょっとした手間」を忘れないようにしてください。

こうして簡単に作ることができてしまうホットヨーグルト。

これで便秘やダイエットのお悩みが解消されるなら、試す価値ありですね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ