睡眠薬・睡眠導入剤の副作用で太るって本当?~原因と対策方法~

何かとストレスを抱える現代人の中には、「うまく眠れない」というお悩みを抱える方が少なくありません。

そんな時に心強い味方となってくれるのが、睡眠薬や睡眠導入剤です。

ですが、睡眠薬や睡眠導入剤は副作用が起こるリスクもあるという点で、不安を感じる方もいらっしゃいます。

例えば、これらの薬の副作用により、太るという噂もありますね。

では、この噂は本当なのでしょうか?

また、原因と対策方法についても知っておきたいポイントですね。

【スポンサードリンク】

睡眠薬・睡眠導入剤の副作用

まず、睡眠薬や睡眠導入剤にはどういった副作用があるのか、という点を確認していきましょう。

これらの薬は、眠れない方を心地よい眠りに誘い、体の疲れ、心の疲れを癒やすという大きな効果が期待できます。

ただし、副作用ゼロの睡眠薬や睡眠導入剤といったものは、残念なことに、今のところ出てきていません。

具体的に起こりうる副作用としては、翌日の日中に感じる眠気、ふらつきといった症状です。

それから、肝臓に負担をかけてしまったり、脱力感により精神不安が増すということもあります。

また、他の薬との飲み合わせで副作用が強く現れることもありますし、アルコールを飲むことで突然記憶が消えたりといった危険な症状を起こすケースもあります。

そのため、睡眠薬や睡眠導入剤を服用する際には、医師の指示をよく守り、必要性を考えたうえで正しく服用するということが重要になるのです。

睡眠薬・睡眠導入剤の副作用で太る原因は?

では、睡眠薬や睡眠導入剤の副作用で太るという噂は本当なのでしょうか?

まず、睡眠薬には様々な種類がありますが、基本的には太るような成分は含まれていません。

ただ、睡眠薬や睡眠導入剤を飲むことで眠りやすくなれば、ストレスが減る分食欲がアップするので太るというケースはあります。

また、中にはドグマチールと言われる薬があり、こちらは胃の調子を良くしてくれる効果もあります。

その結果、食欲増進してしまい、これが原因で太るということもあるのです。

このように、睡眠薬や睡眠導入剤そのものには太る原因になるような成分はないものの、結果的に太りやすい状況に陥るケースがあるということが言えます。

また、食事量は変わっていないのに急激に体重が増えるような場合には、他に何か異常が起こっているのかもしれません。

そのような場合には、自己判断で放置せずに、きちんと医師に状況を伝えましょう。

【スポンサードリンク】

睡眠薬・睡眠導入剤で太る場合の対策方法

睡眠薬・睡眠導入剤で太るという場合の対策方法は、やはり基本的には「食生活に気を付けること」が第一になります。

精神的に落ち着いて食欲が増加したと感じる場合には、低カロリーで高たんぱくな食事を心がけてみましょう。

栄養バランスのとれた和食献立などが理想ですね。

中には、本人の自覚なく暴飲暴食してしまっているという方もいらっしゃいますので、睡眠薬に原因を押し付けるのではなく、ご自身の1日の行動、食べた量などをしっかり把握する努力をしてみてください。

また、軽い運動を取り入れるのも有効な方法です。

運動をすることでカロリーを消費できますし、同時に運動は体を心地よく疲れさせてくれますので、薬に頼らなくても眠りやすい状態を作るためにも役立ってくれます。

例えばヨガやウォーキングなどを取り入れることで、消費カロリーをアップさせましょう。

それでも太る場合の対策方法としては、医師に相談して薬を変えてもらうという方法もありますね。

薬が合わないというケースもありますので、違う種類に変えてもらえば、副作用が軽減される可能性もあります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ