理想の睡眠時間は何時間なのか?5時間の短時間睡眠でも美容、健康、勉強にバッチリ♪

理想の睡眠時間と言うと、「長く寝れば寝るほど良い」「8時間は寝ないとダメ」といった印象を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、実は8時間の睡眠が、必ずしも誰にとっても良い睡眠時間であるとは言えないのです。

また、いくら長く眠っても、睡眠の質が悪ければ疲れが取れることもありません。

逆に、たった5時間の短時間睡眠でも、うまく行えば美容にも健康にも役立てることができ、勉強の集中力がアップしたりもするのです。

そこで、そんな理想の睡眠時間が何時間なのか、短時間で効率よく寝るためにはどうすれば良いのか、気になる睡眠時間についてのお話をしていきます。

【スポンサードリンク】

理想の睡眠時間は何時間?

理想の睡眠時間が何時間なのか、という点に関しては、実は「万人に共通した時間」があるわけではありません。

理想の睡眠時間は、その人の体質により大きく変わるのです。

まず短時間睡眠でも効率よく昼間活躍できる人は、ショートスリーパーと呼ばれ、6時間未満でも平気でいられます。

これに対して睡眠時間は6~9時間程度がちょうど良い都感じる方は、バリュアブルスリーパーと呼ばれ、多くの人間はこれに属しています。

さらに中には、9時間以上眠らないとダメというタイプの人もおり、これはロングスリーパーと呼ばれています。

このように、生まれ持っての体質によって理想の睡眠時間が何時間なのかも変わってきますので、「あの人は5時間睡眠で元気なのに、私は7時間眠ってもダメ」ということが起こってくるのは仕方がないのです。

また、年齢によっても理想の睡眠時間は変わってきます。

ほとんどの時間を眠って過ごす赤ちゃんと、夜に数時間寝るだけで1日活動できる大人では、理想の睡眠時間も大きく違いますね。

満腹感を感じられる食事の量が人によって違うのと同じで、理想の睡眠時間も個人差があるもの。

大切なのは、自分が何時間寝た時に、もっとも気持ち良く目覚められるか、という点を見極めることですね。

5時間の短時間睡眠でスッキリするには?

できることなら眠れるだけゆっくり寝ていたいけれど、現実にはそれは難しいですよね。

大人はそれぞれ仕事や家事、育児などがあり、時間が来れば起きなければなりません。

また、受験生などの場合は睡眠時間を削ってでも勉強に打ち込まなければならないというプレッシャーもあるでしょう。

そこで実践したいのが、5時間の短時間睡眠という方法です。

5時間だと睡眠不足に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、コツを掴んで上手に睡眠をとれば、5時間でもスッキリ目覚めることができるのです。

まず効率的に睡眠をとるためのコツが、夜にまとめて寝ないことです。

夜は4時間半の睡眠をとり、さらに昼は約30分の昼寝をします。

これを行えば、効率良く体の疲れを回復することができます。

昼寝というのは意外と大切で、なんと夜よりも3倍の効率で眠ることができると言われています。

そのため、夜は4時間半しか寝なくても、昼間30分の昼寝をするだけで6時間~7時間程度寝たくらいの感覚になるのです。

この方法なら簡単に実践できますし、睡眠時間が短く済む分、効率よく活動できますね。

それから、部屋の環境を変えて熟睡できるようにすることも大切です。

温度や湿度、音、灯りなどを心地よく整えておくことで、睡眠の質が良くなり、深く眠れるようになります。

深くぐっすりと眠れば、短時間睡眠でも十分に疲労が回復され、しっかり活動することができるのです。

【スポンサードリンク】

短時間睡眠で美容・健康・勉強は?

短時間睡眠は多忙な方にとって理想的な方法ですが、たった5時間の睡眠だと、美容や健康面に影響が出るのではないか、あるいは受験生の場合、勉強に集中できないのではないかといった不安が生じますよね。

ですが、眠りというのは重要なのは時間だけではないので、短時間睡眠でも深くぐっすりと眠ることができれば、美容・健康にもしっかり役立てることが可能ですし、勉強の集中力を高めることもできます。

睡眠は、日中に受けた体のダメージを回復するための要素が大きいですね。

眠りが浅いと、この回復がうまくいきにくくなるために、起きた時にスッキリできなくなってしまいます。

逆に短時間でも質の良い眠りが取れれば、このダメージを回復する効果が働き、美容・健康、さらに勉強の集中力にも影響することなく短時間睡眠を成功できるというわけなのです。

眠りの環境を整え、昼寝をする。

とても簡単な習慣ですので、短時間で満足度の高い睡眠をとるために、ぜひ実践していきましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ