新生児・赤ちゃんの便秘の原因・理由は?何日まで大丈夫?効果絶大!オリゴ糖と綿棒、バンボ~解消方法と対策方法~

新生児・赤ちゃんの頃によくあるお悩みの1つに、便秘があります。

まだ「食生活」や「運動」といったことについて考えるような時期でもない新生児・赤ちゃんに、なぜ便秘という症状が起こってしまうのでしょうか?

原因・理由は何なのか、また何日くらいまでなら大丈夫なものなのか、不安になってしまいますよね。

そこで、そんな気になる赤ちゃんの便秘の原因・理由と、効果絶大なオリゴ糖や綿棒による解消方法、対策方法を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

新生児・赤ちゃんの便秘の原因・理由

新生児・赤ちゃんは意外とよく便秘になります。

その原因として考えられるのは、まず、ミルクを飲んでいるということです。

母乳育児の場合、特に新生児期の赤ちゃんは消化が良いので便秘をしにくいのですが、ミルクを飲むと消化が悪い分、便秘を起こしやすくなります。

また、腸の長さにも個人差があり、便秘をしやすいタイプの赤ちゃんもいます。

さらに中には、母乳が不足してしまうことが原因になり便秘をする子もいるので注意してあげましょう。

それから、離乳食期の赤ちゃんになってくると、便秘の理由もまた違ってきます。

離乳食期になり、徐々に母乳から食事が中心になってくると、摂取できる水分の量も変わってきます。

そのため、うっかり水分が不足してしまい、便が硬くなって出にくくなるということもあるのです。

このように、赤ちゃんの便秘には様々な原因・理由が考えられますので、何が原因になっているのか、よく考えてあげましょう。

また、赤ちゃんの便秘が何日まで大丈夫なのかという点についてですが、基本的には2~3日であれば大丈夫と言われています。

ただし、この何日までというのはあまりこだわらない方が良いでしょう。

日数よりも、期限が悪くないか、お腹が張っていないかなど、それぞれの赤ちゃんの様子を基に判断してあげましょう。

【スポンサードリンク】

新生児・赤ちゃんの便秘に効果的なオリゴ糖

新生児・赤ちゃんが便秘になった場合にどう対処すれば良いのかですが、ここで効果絶大な対策方法の1つが、オリゴ糖です。

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるのに活躍してくれます。

本来であれば、母乳にはオリゴ糖が豊富に含まれていますので、これにより赤ちゃんはよく便を出し、腸内環境を良好に保っています。

ですが、何らかの理由でオリゴ糖が不足してしまった場合には、外部から補ってあげるという便秘解消方法があるのです。

赤ちゃんの体にも安心なオリゴ糖商品が販売されていますので、そういったものをミルクなどに混ぜて、飲ませてあげてみると良いですね。

このオリゴ糖による便秘解消方法は、即効性のある方法ではありません。

ですが、継続的に飲ませていくと、徐々に便秘しにくくなってきますので、試してみてください。

新生児・赤ちゃんに綿棒による対策方法

新生児・赤ちゃんの便秘を今すぐ解消したい場合の対策方法として挙げられるのが、綿棒浣腸です。

綿棒浣腸による対策方法は効果絶大で、即効で良い便が出る赤ちゃんも多いので、お腹が張って苦しそうな時にはぜひ、実践してみましょう。

方法はとても簡単で、綿棒の先にベビーオイルやオリーブオイルをたっぷりとつけます。

これを赤ちゃんの肛門に、先だけ入れたり出したり、軽くグルグルと回すようにしてあげることで、肛門を刺激します。

これだけで便が気持ち良く出てくれるのですが、これはあくまでも「他の対策方法ではダメだった時の方法」です。

やり過ぎるとクセになるので注意しましょう。

我が家は便秘の時はバンボに乗せてたりもしました。

バンボに乗せると、その体勢が刺激になるらしく便秘が解消されてました!!

それから、色々な方法を試してもどうしても出ない場合には、病院に相談することも大切です。

1人で悩まず、小さな問題でも頼れる医師や保健師など、周囲の人に相談してみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ