クレジットカード現金化の方法は?この方法は違法!危険っ!~絶対に利用してはいけない理由~

日常のお買い物をお得に便利にしてくれたり、分割で支払うことで高額な買い物も気軽にできるようになったりと、正しく使えばとっても役立ってくれるクレジットカード。

実はそんなクレジットカードを現金化するという方法が知られるようになってきました。

クレジットカードで現金を作り出すことができれば、手持ちのお金が無くなって困っている時にも大変役に立ちますよね。

ですが、そんなクレジットカード現金化、気を付けないと違法な方法になってしまい、危険な場合もあるので注意が必要です。

そこで、クレジットカード現金化の違法な方法、絶対にしてはいけない理由などを解説していきましょう。

【スポンサードリンク】

クレジットカード現金化の方法と仕組み

徐々に知られるようになってきた「クレジットカード現金化」という言葉。

ですが、中には「それって何なの?」「どんな方法で行うの?」どんな仕組みなの?」といった疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

そもそも、クレジットカード現金化がどのような方法なのかと言うと、これはクレジットカードのショッピング枠を利用した方法で、何らかの商品を購入した後、古物営業の許可を持つ業者に購入してもらうという内容になります。

当然、業者が買い取ってくれる金額は、購入金額よりも安くなりますので、業者としては、購入代金と買取金額の差額が利益になるというわけですね。

そして、この方法を利用した方にとっては、すぐに現金を手に入れることができる嬉しい方法になるわけです。

つまり、一体どのようなメリットがあるのかと言えば、古物商として仲介する人には差額による利益が生じ、同時に利用者にとってはキャッシング枠をギリギリまで使っていても、簡単に現金が手に入る手っ取り早い方法であるというメリットがあるのですね。

クレジットカード現金化の違法性・危険性

クレジットカード現金化は、その仕組みを見てみると、「なんだか怪しげな商売」のようにも感じられてしまう方が多いでしょう。

実際に、このクレジットカード現金化の違法性については、「グレーゾーン」と認識されており、決して気持ちの良い取引きではないことを覚えておかなければなりません。

まずクレジットカード会社が定めるショッピング枠というのは、現金化するために設けられたものではないため、これが発覚すればクレジットカードが利用できなくなる恐れがあります。

また、国としても法律的には、この取引を許可してはいません。

古物商という許可はあっても、この現金化という行為に対する許可はないのです。

今のところ法律で違法と断定するのは難しい段階ではありますが、関係庁舎ではすでに、違法として取り締まる動きも出てきていますので、危険な行為であることを忘れないでください。

それから、さらに気を付けなければならないのが、この取引きを利用した詐欺が存在することです。

例えばクレジットカードのショッピング枠で買い物だけをさせておき、現金でのキャッシュバックを一切しないという悪徳業者もいます。

あるいは、法外な手数料を請求するという悪徳業者もあり、危険な目に遭う可能性も低くはないのです。

これらの問題点をよく知ったうえで、利用すべきかどうか改めて、よく検討してみましょう。

【スポンサードリンク】

クレジットカード現金化は利用してはいけない理由

違法性についても議論されており、しかも詐欺に遭うリスクも高いクレジットカードの現金化。

それでも、目先の現金欲しさに利用を検討してしまう方がいるのは事実です。

ですが、このクレジットカードの現金化には、絶対に利用してはいけない理由もありますので、これを知ったうえで、できるだけ考えを改める方向に進むことをおすすめします。

その理由というのは、まずこの方法を利用した場合、さらに自分の首を絞めてしまう可能性が高いという点です。

カード会社では換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止しているため、これに違反すれば強制退会させられるだけでなく、残債の一括請求をカード会社が行えるというルールもあります。

つまり、よりお金に困る事態に陥ってしまうわけですね。

それから、このクレジットカードの現金化を行う悪徳業者の中には、顧客情報をヤミ金などに流している業者もあります。

これが原因で、さらなる地獄を見る羽目になる恐れもあるのです。

これらの危険な理由を知れば、クレジットカードの現金化は決して「手っ取り早く現金が手に入る便利な方法」などでは無くなりますね。

お金が簡単に手に入るような方法には、そんな恐ろしい裏があることを理解しておきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ